流れがわかる!デンマーク家具のデザイン史―なぜ北欧のデンマークから数々の名作が生まれたのか

個数:
電子版価格 ¥2,970
  • 電書あり

流れがわかる!デンマーク家具のデザイン史―なぜ北欧のデンマークから数々の名作が生まれたのか

  • ウェブストアに29冊在庫がございます。(2021年01月18日 04時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 272p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784416519585
  • NDC分類 758
  • Cコード C0072

内容説明

本書では、デンマーク家具のデザイン史について、コーア・クリントが礎を築いた萌芽期(1910~30年代)から、黄金期(40~60年代)、衰退期(70~90年代中頃)、再評価期(90年代中頃以降)を経て、現代に至るまでの変遷をわかりやすく紹介しています。

目次

1 デザインの国デンマーク?
2 デンマークモダン家具デザインの流れ(デンマーク家具デザインの原点から萌芽期へ;黄金期の礎を築いたコーア・クリント ほか)
3 黄金期を彩ったデザイナーと建築家(デンマークモダン家具デザインの父 コーア・クリント;学者肌のデザイナー オーレ・ヴァンシャー ほか)
4 デザイナーを支えた家具メーカーと職人たち(A.J.イヴァーセン工房;ヨハネス・ハンセン工房 ほか)
5 現在のデンマーク家具デザイン(キャスパー・サルト&トマス・シグスゴー;セシリエ・マンツ ほか)

著者等紹介

多田羅景太[タタラケイタ]
1975年、香川県生まれ。京都工芸繊維大学デザイン・建築学系助教。京都工芸繊維大学造形工学科卒業後、デンマーク政府奨学金留学生としてデンマークデザインスクール(現・デンマーク王立芸術アカデミー)に留学。同校では、オーレ・ヴァンシャーやポール・ケアホルムに師事したロアルド・スティーン・ハンセンの下で家具デザインを学ぶ。デンマーク滞在中、スカンディナヴィアンファニチャーフェアなどの展覧会に出展。2003年、同校卒業後に帰国。08年までデザイン事務所にて、家具を中心としたインテリアプロダクトなどのデザインを手掛ける。現在、京都工芸繊維大学の他、京都精華大学などでも講師を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

コーア・クリント、ハンス J. ウェグナー、ボーエ・モーエンセン、フィン・ユール……なぜ、デンマークから数々の名作椅子が生まれたのか。

デンマーク家具のデザインについて、前史、クリントが礎を築いた萌芽期(1910~30年代)、黄金期(40~60年代)、衰退期(70~90年代中頃)、再評価期(90年代中頃以降)を経て、現代に至るまでの変遷をわかりやすく紹介した書籍です。
写真、図(デザイナーの相関図など)、年表などを多用し、ビジュアルにも訴えます。

特に、デンマークに留学経験のある著者が、現在活躍中のデンマークのデザイナーへのインタビューを踏まえて、デンマーク家具デザインの最新情報を紹介しているのも本書の特徴の一つです。

〔各章(CHAPTER)のポイント〕
CHAPTER 1
家具デザインの歴史を理解する上で、押えておきたいデンマークの基礎知識や、デザインがデンマークに広く定着した背景などについて。

CHAPTER 2
ヴァイキングが活動していた頃から現代に至るまで、デンマーク家具がどのような変遷をたどってきたかの概略。

CHAPTER 3
コーア・クリントをはじめ、ハンス J. ウェグナー、フィン・ユール、ポール・ケアホルムなど、黄金期において特に活躍したデザイナーたちの生い立ちや実績について。

CHAPTER 4
家具デザイナーや建築家の活動を支えた、主な家具職人やメーカーについて。

CHAPTER 5
どのような流れで衰退期から再評価期へ向かっていったかの解説と、キャスパー・サルトやセシリエ・マンツなど現在活躍中のデザイナーたちの活動や考え方の紹介。

■目次抜粋
CHAPTER 1 デザインの国デンマーク?
~「協働の意識」を持ちながら、国民が暮らしやすい社会をデザインしてきた~

CHAPTER 2 デンマークモダン家具デザインの流れ
~ヴァイキングの時代から、萌芽期、黄金期、衰退期を経て、21世紀に入り再評価期へ~

CHAPTER 3 黄金期を彩ったデザイナーと建築家
~クリントをはじめ、モーエンセン、ウェグナー、ヤコブセン、フィン・ユールなどにより、名品の数々が誕生~

CHAPTER 4 デザイナーを支えた家具メーカーと職人たち
~名工や技術力の高いメーカーの存在があったからこそ、デンマークの名作家具が生まれた~

CHAPTER 5 現在のデンマーク家具デザイン
~若手デザイナーの活躍と新しいブランドの登場~

************************************