養蜂大全―セイヨウミツバチの群の育成から採蜜、女王作り、給餌、冬越しまで飼育のすべてがわかる!ニホンミツバチ&蜜源植物も網羅

個数:
電子版価格
¥3,300
  • 電書あり

養蜂大全―セイヨウミツバチの群の育成から採蜜、女王作り、給餌、冬越しまで飼育のすべてがわかる!ニホンミツバチ&蜜源植物も網羅

  • ウェブストアに18冊在庫がございます。(2024年06月23日 19時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 208p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784416519219
  • NDC分類 647
  • Cコード C0076

出版社内容情報

本物のはちみつ作りのすべてがわかる一冊。
自分でハチを飼育しながら
おいしい天然はちみつを採蜜するためのバイブル

はちみつにこだわりのある人の中でもカリスマ的存在として注目されているのが
花園養蜂場の松本文男氏。
氏のテクニックを一冊にまとめました。

道具から、ミツバチの世話はもちろん、女王作りといった養蜂の具体的なテクニックなど、
多くの業界人が習いに来るという技術の数々を、初心者にもわかりやすく紹介。

各地のミツバチプロジェクトに関わっている専門家はもちろん、?今すぐ週末養蜂をやってみたい人も、
?将来、田舎暮らしで自分で養蜂を始めたい人にも必携の一冊です。?

基本はセイヨウミツバチの養蜂技術の紹介ですが、
二ホンミツバチの飼育法に加え、巻末では蜜源植物についても解説。?
日本国内で行う養蜂についてのバイブルです。

内容説明

セイヨウミツバチの養蜂において第一線で活躍する花園養蜂場の松本文男氏が、ハチと向き合う中で確立した養蜂技術を、初心者にもわかりやすく解説。道具選びから、群の育成、採蜜、女王作り、給餌、冬越しまで、具体的なテクニックを余すところなく公開します。各地のミツバチプロジェクトに関わっている専門家はもちろん、今すぐ週末養蜂をやってみたい人、将来、田舎暮らしで自分で養蜂を始めたい人、そして本格的に養蜂を行っている人まで、すべてのミツバチファンの必携書。さらにニホンミツバチの飼育法や蜜源植物についても解説。日本国内で養蜂を行うための内容を網羅したバイブル的一冊です。

目次

第1章 セイヨウミツバチを飼う準備
第2章 セイヨウミツバチの飼育テクニック
第3章 ニホンミツバチの飼育テクニック
第4章 ミツバチの生態と飼育の歴史
第5章 蜜源植物を植えよう
巻末付録

著者等紹介

松本文男[マツモトフミオ]
養蜂家。1947年生まれ。佐賀県鳥栖市出身。花園養蜂場(埼玉県深谷市)場長。農業に従事したのち、建築・土木業に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ばんだねいっぺい

34
 初期投資約20万くらい。日々、モニタリングを怠らず、病気や分蜂・ダニやスムシの発生を防いだり、雄蜂の数を管理したり、女王を交代させたり、育成したり、弱群に目をかけ、合同させたり、巣箱を隔離させたりする。学校の担任教師さながらの作業の数々。水飲み場にはヒーターを入れたり、年中密源植物がある環境を用意する。要するに大変だ。蜂蜜の価値が自分の中でランクアップした。ありがとう養蜂家の皆さん。2019/07/07

naotan

13
書店で5歳の娘が釘付けになり、高いけど買ってしまった。 内容は大人向け(というより専門家向け?)だけど、写真を見ているだけでも楽しいらしく、「この本すごいよ、ママ。いろんなことが載ってるんだよ」と興味津々です。2020/03/16

カフェラテレックス

3
大全というだけあって、養蜂を始めるなら、手元に置いておきたい本。著者の経営している花園養蜂場の例を出しながら、ミツバチの生態を踏まえた巣箱の管理や採蜜の方法など解説。箱の増やし方、女王群のハンドリングなどが特に詳しく解説されており、規模は2~3箱の小規模養蜂ではなく、それ以上の中規模~大規模養蜂向けかもしれない。ミツバチの生態については、もうちょっと詳しくしてほしいかもしれない。2020/10/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13551671
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。