親の財産を守る 最新成年後見・民事信託利用のしかた

個数:

親の財産を守る 最新成年後見・民事信託利用のしかた

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年10月19日 18時12分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 192p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784415323497
  • NDC分類 324.65
  • Cコード C2032

内容説明

法定後見?任意後見?任意代理?信託?後見人と保佐人と補助人はどう違う?誰がなる?「どの書類」に「何を」記入する?費用は?判断能力別チャートで、最適の制度が選べる!

目次

第1章 成年後見制度って、何だろう?―制度の概要と利用準備
第2章 申立てに必要な書類を準備しよう!
第3章 申立てから審判・登録へ!
第4章 初回報告までの後見人等の仕事
第5章 後見人等の仕事をしよう!
第6章 保佐制度と補助制度について
第7章 任意後見人って何だろう?―将来の安心
第8章 財産の信託について

著者紹介

山田猛司[ヤマダタケジ]
昭和60年司法書士試験合格。東京司法書士会理事、世田谷支部長などを歴任。元司法書士試験委員。現在、全国公共嘱託登記司法書士協会協議会会長、東京公共嘱託登記司法書士協会相談役、東京経済大学現代法学部大学院「登記手続法研究」非常勤講師、電子政府推進員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)