週末田舎暮らしの便利帳―憧れの悠々自適生活

個数:

週末田舎暮らしの便利帳―憧れの悠々自適生活

  • ウェブストアに37冊在庫がございます。(2018年11月21日 18時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 167p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784415314334
  • NDC分類 611.98
  • Cコード C2077

内容説明

週末田舎暮らしをはじめよう。青い空のもと、新鮮な空気を吸い、畑を耕す。家族が食べる野菜は、自分たちで育て、薪や炭で、火を眺めながら調理する。自然と一体になって生活する田舎暮らしは、都会では体験できない発見と驚き、感動に満ちている。

目次

1 田舎暮らしの準備をする
2 「つくる」を楽しむ
3 「自然」を楽しむ
4 「食べる」を楽しむ
5 「野菜&穀物」を育てる
6 「生き物」と暮らす

著者等紹介

金子美登[カネコヨシノリ]
1948年、埼玉県生まれ。埼玉県小川町で霜里農場(畑1.5ヘクタール、水田1.5ヘクタール、山林3ヘクタール。牛6頭、鶏200羽を飼育)を営んでいる。小川町町議会議員、全国有機農業推進協議会理事長。1971年、農水省農業者大学校の1期生として卒業後、徹底した有機農業をスタート。国内外から研修生を受け入れるかたわら、海外の有機農業を視察するなど国際交流も活発に行っている。顔と顔が見える関係を大切に、直接、消費者と提携するほか、地場産業と連携して村おこしを実践(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。