• ポイントキャンペーン

成美文庫
キヤノン式「稼ぐ社員」の仕事術―自分が「高収益体質」に変わる43のヒント

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 236p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784415073767
  • NDC分類 159
  • Cコード C0130

内容説明

成功には共通法則がある。キヤノン、リコー、トヨタの方式を実践してきた著者が「最強の仕事術」を導いた!仕事は学びだ。仕事は変化である。利益を上げ続ける技術が必ず身につく本。

目次

第1章 仕事に「転機」をつくれ―仕事は変化である
第2章 「あと一歩」の行動力をつけていく―仕事は具体性である
第3章 ムダを具体的につぶしていく―仕事は速さである
第4章 「仕事で成長する」コツを知ろう―仕事は学びである
第5章 組織と自分の距離をつめていく―仕事は連携である
第6章 「大局」から幸福になろう―仕事は一生モノである

著者等紹介

神戸健二[ゴウドケンジ]
1946年長野県生まれ。横浜国立大学工学部卒。工業高校卒業後リコーに入社、市村清奨学生として働きながら大学を卒業。製造現場、生産技術、生産管理、特許管理などの業務をへて、リコー時計(現リコーエレメックス)に出向し、事業再建を実践した。その後、リコーおよび子会社の採算体質強化を推進。中国とリコーの合弁会社・上海理光FAX有限公司の設立に副総経理として参画。さらにリコーユニテクノ社長として同社を再建させる。退社後は神戸経営総合研究所を創立、リコー式はもちろん、キヤノン式、トヨタ式などを総合した「人づくり、モノづくり、顧客づくり」の経営手法を追求している。また、カルマン社や日本能率協会でも、人材育成、生産改革、経営指導などのコンサルティングで活躍中。「日本企業復活のお役立ち」を追求している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。