成美文庫
源義経

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 317p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784415070766
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0123

内容説明

兄頼朝の挙兵に応じて源平合戦にはなばなしく登場した源義経は、源氏の総大将として、木曽義仲を滅ぼし、平家を一ノ谷、屋島、壇ノ浦に討って、鎌倉政権の樹立に大いに貢献した。本書は、源平合戦のヒーロー源義経の生涯を、『義経記』にもとづいて描き、「判官びいき」の日本人の心の奥底にひそむ義経像を浮き彫りにする。

目次

義朝・常盤の都落ち
遮那王誕生
金売り吉次―遮那王、鞍馬を出奔
九郎義経と名のる
心の表と裏
最初の家来、伊勢三郎義盛
義経、秀衡と対面
鬼一法眼とその娘
熊野の別当、姫を掠奪
弁慶生まれる〔ほか〕

著者紹介

土橋治重[ドバシジジュウ]
1909年山梨県生まれ。サンフランシスコ・リテラリィカレッジ中退。朝日新聞社客員。日本文芸家協会会員。日本ペンクラブ会員。1993年逝去