職場のラインケア研修マニュアル―管理職によるメンタルヘルス対策

個数:

職場のラインケア研修マニュアル―管理職によるメンタルヘルス対策

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 108p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784414416350
  • NDC分類 498.8
  • Cコード C2011

目次

1 知識編(管理監督者教育研修の基本的な考え方;効果的な管理監督者教育研修のための二つのポイント;ガイドライン作成の手順 ほか)
2 新しい視点編(健康いきいき職場づくりの考え方と新しい管理監督者教育研修のあり方;HSEマネジメントコンピテンシーリストとリストを活用した管理監督者教育研修)
3 実践編(研修の概要;ガイドラインとの対応;研修の流れ(タイムテーブル) ほか)
4 配布資料

著者等紹介

関屋裕希[セキヤユキ]
2012年筑波大学大学院人間総合科学研究科ヒューマンケア科学専攻博士課程修了。東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野客員研究員

川上憲人[カワカミノリト]
1985年東京大学大学院医学系研究科博士課程社会医学専攻単位取得退学。東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻精神保健学分野教授

堤明純[ツツミアキズミ]
1987年自治医科大学医学部卒業。北里大学医学部公衆衛生学単位教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

職場のメンタルヘルス対策に必須の、管理職向けの教育研修プログラムを時系列で示す。研修用スライドや配布資料は巻末CDに収録したストレスチェックとともに、メンタルヘルス対策の重要性が認知されてきた。それに伴い、セルフケアなど各種の研修が行われているが、本書は管理監督者(ライン)に絞って、研修プログラムを紹介している。英国で開発され、効果が実証されている管理職のマネジメント能力を判定するリストを使い、管理職にどの部分が弱いかを把握してもらい、その能力向上のための教育研修を、時系列で示す。姉妹本『職場のストレスマネジメント(CD付き)』と同様、研修での配布資料(ワークの材料等)や、パワポスライドも巻末のCDに収録した。

? 知識編



1.管理監督者教育研修の基本的な考え方

 1)四つのメンタルヘルスケアの推進

 2)管理監督者への教育研修・情報提供に含めるべき内容



2.効果的な管理監督者教育研修のための二つのポイント

 1)科学的根拠に基づいたプログラムの選択

 2)プログラム運用上の工夫



3.ガイドライン作成の手順

 1)文献レビュー

 2)原案の作成

 3)専門家意見の収集・改定

 4)マニュアルの作成



4.ガイドラインの内容



5.実施のポイント

 1)「対象の選定」に関する推奨

 2)「研修内容・形式」に関する推奨

 3)「研修頻度・期間」に関する推奨



? 新しい視点編



1.健康いきいき職場づくりの考え方と新しい管理監督者教育研修のあり方

 1)健康いきいき職場の三つの条件

 2)健康いきいき職場づくりに理論モデル

 3)健康いきいき職場づくりの三つの特徴

 4)健康いきいき職場の評価方法

 5)健康いきいき職場づくりの位置づけ

 6)新しい管理監督者教育の考え方



2.HSEマネジメントコンピテンシーリストとリストを活用した管理監督者教育研修

 1)英国安全衛生庁(HSE)による開発研究

 2)HSEマネジメントコンピテンシーリスト日本語版の開発

 3)HSEマネジメントコンピテンシーリストを活用した教育研修プログラム



? 実践編



1.研修の概要



2.ガイドラインとの対応



3.研修の流れ(タイムテーブル)



4.研修で使用するもの



5.実際の進め方



6.フォローアップについて



? 配布資料

?研修用スライド(パワーポイント)資料

?HSEマネジメントコンピテンシーリスト

?「強み」シール一覧

?グループワーク用シート

?個人計画ワークシート

?振り返りシート

?振り返りシート(事例)

関屋 裕希[セキヤ ユキ]
著・文・その他

川上 憲人[カワカミ ノリト]
著・文・その他

堤 明純[ツツミ アキズミ]
著・文・その他