フィクションが現実となるとき―日常生活にひそむメディアの影響と心理

個数:

フィクションが現実となるとき―日常生活にひそむメディアの影響と心理

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年06月06日 17時07分現在)
    【重要:納期について】
    緊急事態宣言等の影響により、出荷までに7~8日程度かかる場合がございます。
    誠におそれいりますが、ご了承のうえご注文をお願い申し上げます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • サイズ A5判/ページ数 398p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784414304268
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C3011

目次

第1章 フィクションと現実―メディアが社会的現実を作る
第2章 ファンの世界、フィクションそして現実
第3章 日常生活における古いメディアと新しいメディア―テレビからソーシャルメディアまで
第4章 メディアにおける暴力
第5章 メディアにおける社会集団の描写―人種、ジェンダーそしてその先
第6章 広告、消費主義と健康
第7章 メディアと社会的アイデンティティ
第8章 政治報道の社会心理
第9章 助手席から運転席へ

著者等紹介

川端美樹[カワバタミキ]
目白大学メディア学部メディア学科教授、目白大学大学院心理学研究科教授。慶應義塾大学大学院社会学研究科後期博士課程単位取得満期退学。福島女子短期大学助教授、目白大学社会学部メディア表現学科教授等を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。