心理学史の新しいかたち

心理学史の新しいかたち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 228p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784414301533
  • NDC分類 140
  • Cコード C1311

目次

序論(心理学史の想像力、心理学の展開力)
第1部 歴史を未来へ(「心理学の父」ヴントの知られざる遺産;発達に挑んだ巨人のレガシー―ピアジェ、ワロン、ヴィゴツキー;「遺伝と環境」論争が紡ぎだすもの)
第2部 学融とトランスファー(骨相学の教育論的展開―心理学の主戦場としての教育;ドイツの社会とゲシタルト心理学―問題提起;戦後日本の心理学の出発と教育心理学の「4本柱」;C.R.ロジャーズにみる臨床心理学と精神医学の相克)
第3部 日本の心理学―受容か変容か(日本における「実験」心理学の受容―明治から戦前までを中心として;千里眼事件のなかの「心理学」―『東京朝日新聞』の報道を中心に;パブロフ学説と日本の心理学;心理学研究を支えるテクノロジーとしての映画)
終論(心理学の展開力―心理学史から)

著者等紹介

佐藤達哉[サトウタツヤ]
1962年神奈川県に生まれる。1985年東京都立大学人文学部卒業。1989年東京都立大学大学院人文科学研究科心理学専攻博士課程中退。立命館大学文学部助教授、博士(文学)(専攻は社会心理学・心理学史)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

MasakiZACKY

1
心理学史をいくつかの観点から書いた一冊。温故知新である。流し読み。2014/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/92624

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。