教師のためのソーシャル・スキル―子どもとの人間関係を深める技術

個数:

教師のためのソーシャル・スキル―子どもとの人間関係を深める技術

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 175p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784414202120
  • NDC分類 374.1

内容説明

「子どもとの関係がうまくいかない」「学級経営がうまくいかない」。多くの教師が抱えるこうした問題を改善するためには、ソーシャル・スキルを上手に活用することが大切。ソーシャル・スキルとは、相手を理解し、自分の思いや考えを適切に相手に伝え、対人関係を良好にしていく技術である。本書では、そのコツとポイントを、教師が学校現場で生かせるように、具体的にわかりやすく解説する。

目次

第1章 教師はソーシャル・スキルをみがく時代がきた(ソーシャル・スキルとは;現代の子どもたちとのかかわりにはソーシャル・スキルが必要 ほか)
第2章 子どもたちの実態をつかむ(現代の子どもたち;教師の力とは ほか)
第3章 教師の思いを適切に伝える(適切な伝え方とは;学校現場でのソーシャル・スキル ほか)
第4章 適切に対応できない隠れた原因(思っているように伝わっていない;タイミングが悪い、状況にマッチしていない ほか)
第5章 学級集団に対応する(基本的な動き;集団の状態と対処法)

著者紹介

河村茂雄[カワムラシゲオ]
都留文科大学文学部教授、日本カウンセリング学会常任理事、日本教育カウンセラー協会岩手県支部長。筑波大学大学院教育研究科カウンセリング専攻修了、博士(心理学)。15年間公立学校教諭および教育相談員を経験し、東京農工大学講師、岩手大学助教授を経て、現職。論理療法、構成的グループエンカウンター、ソーシャル・スキル・トレーニング、教師のリーダーシップと学級経営について研究を続ける。「教育実践に生かせる研究、研究成果に基づく知見の発信」がモットー。学生、教師、社会人を対象にカウンセリング、構成的グループエンカウンターのワークショップを定期的に実施している