図説ここが知りたかった!日蓮と法華経

個数:
  • ポイントキャンペーン

図説ここが知りたかった!日蓮と法華経

  • 永田 美穂【監修】
  • 価格 ¥1,925(本体¥1,750)
  • 青春出版社(2024/02発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 85pt
  • 提携先に4冊在庫がございます。(2024年07月14日 07時36分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784413233415
  • NDC分類 188.92
  • Cコード C0015

出版社内容情報

なぜ法華経は「諸経の王」といわれるのか、末法の世を救おうとした日蓮の教えとは…度重なる法難にも屈せず、仏教信仰のあり方を根本から見直し、さらに日本の国のあり方にまで命がけで取り組んだ宗教指導者・日蓮。その生涯をかけた教えを通して、いまこそ必要とされる、混沌の世を生き抜く知恵を紹介します。判型が大きくなってより見やすく、わかりやすくなりました。

内容説明

なぜ法華経は「諸経の王」と言われるのか末法の世を救おうとした日蓮の教えとは…。混沌の世を生き抜く知恵!

目次

序章 日蓮と法華経
第1章 救世主の出現
第2章 法難の時代
第3章 闘争の終焉
第4章 日蓮宗の発展
第5章 法華経とは何か
第6章 日蓮の法華経観
第7章 法華経二十八品

著者等紹介

永田美穂[ナガタミホ]
中国・上海生まれ。日本経済新聞社(月刊誌編集)勤務後、仏教史の編集主幹などを歴任しつつ、NHKや民放各局のテレビでも活躍。日蓮宗新聞社・編集委員やNHK学園「仏典講座」などの講師を経て、現在は執筆・講演に専心(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

真琴

8
(出版社書籍紹介文)なぜ法華経は「諸経の王」といわれるのか。末法の世を救おうとした日蓮の教えとは…。仏教信仰のあり方を根本から見直し、国のあり方にまで命がけで取り組んだ日蓮の教えを通して、混沌の世を生き抜く知恵を紹介する。2024/02/19

ara

3
日蓮と法華経について基礎的な部分が上手にまとめてある。 これから日蓮や法華経を学びたいと思っている方にはおススメ。2024/06/09

Go Extreme

1
日蓮と法華経:末法時代の光明 正法→像法→末法 救世主の出現:誕生 出家 諸国遊学 立教開宗 法難の時代:辻説法 松葉ヶ谷法難 伊豆法難 小松原法難 龍の口法難 闘争の終焉:佐渡流罪 身延隠遁 蒙古襲来 入滅 葬送 日蓮宗の発展:鎌倉・室町・戦国・江戸時代 明治時代以降 法華経とは何か:成り立ち 全体構成 三大思想 法華七喩  日本の法華経史 日蓮の法華経観:経典選択 迹門と本門 一念三千の思想 五義 三大秘宝 立正安国論 開目抄 観心本尊抄 撰時抄 報恩抄 忘持経事 檀越某御返事 法華経二十八品2024/03/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21763014
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。