青春新書プレイブックス<br> ホモ・サピエンスが日本人になるまでの5つの選択

個数:

青春新書プレイブックス
ホモ・サピエンスが日本人になるまでの5つの選択

  • ウェブストアに83冊在庫がございます。(2019年02月21日 08時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 188p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784413211291
  • NDC分類 469.2
  • Cコード C0245

内容説明

本書は、アフリカで生まれたホモ・サピエンスが日本人になるまでの重要な分岐点5つにスポットをあて、日本人のルーツが面白いほどサクサクわかる一冊である。読みだしたら止まらない!日本の人類史!

目次

序章 人類700万年の歩み
1章 ホモ・サピエンスの登場 第一の選択 氷河期の時代に、アフリカから「今、出る」か「まだ残る」か
2章 ネアンデルタール人とホモ・サピエンス 第二の選択 生き残るのは「大きな脳」か「コンパクトな脳」か
3章 ホモ・サピエンスのグレートジャーニー 第三の選択 「大陸に残る」か「海を渡る」か
4章 日本列島で初の文化を築いた縄文人 第四の選択 インドシナから先は「南」か「北」か
5章 縄文人と弥生人 第五の選択 縄文人は渡来系弥生人と「戦う」か「同化」するか

著者等紹介

島崎晋[シマザキススム]
1963年東京生まれ。立教大学文学部史学科卒業。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て、現在、世界史を中心に歴史作家として幅広く活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

チバニアンの時代で、原人から進化したホモ・サピエンス。そして日本人になっていった。サピエンスのルーツと選択をたどる一冊。人類の歴史は、選択の連続だった。一方は、絶滅し、一方は生き残る。一方は、定住し、一方は安全な地を離れ世界に進出する。なぜ、その違いが生まれたのか…。その重要な分岐点を軸に、ホモ・サピエンスから日本人になるまでの「謎」と「ドラマ」をひも解く。
◎森林を離れることで得た「直立二足歩行」
◎移動方向と経路はどうやって選んだか
◎「脳の発達」と「世界進出」を遂げた原人はなぜ滅んだか
◎環境に身体を変化させるか、環境をやわらげる知恵を使うか
◎なぜ「大陸に残る」のではなく「海を渡る」を選んだか
◎自然への「調和」から「挑戦」を選んだ弥生時代
◎日本人の特徴を色濃く受け継いでいた「弥生人」の真相
…など。本書を読むと日本の人類史が面白いほどサクサクわかる!

島崎晋[シマザキススム]
著・文・その他