青春文庫<br> 日本人の9割が答えられない理系の大疑問100

個数:

青春文庫
日本人の9割が答えられない理系の大疑問100

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年06月25日 12時44分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 208p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784413096713
  • NDC分類 404

内容説明

「料理・食べ物」などの身近な不思議から、「IT・デジタル」「宇宙・天体」「医学・人体」「地球・気象」「ノーベル賞の最先端科学」の疑問まで、なるほど、これなら理解できる!

目次

第1章 うなぎ屋の「秘伝のタレ」、なぜ200年使い続けても腐らない?―ずっと気になっていた「身近な科学」の大疑問9
第2章 電卓はなんで計算間違いをしないのか?―いまさら他人に聞けない「IT・電気・メカ」の大疑問11
第3章 「何万光年」離れた星の距離をどうやって測っているの?―子どもに聞かれても答えに詰まる「宇宙・天体」の大疑問9+8
第4章 調味料はなぜ「さしすせそ」の順で入れるといいのか?―当たり前のようで理由を知らない「料理・生活科学」の大疑問12
第5章 どうして心臓だけはガンにならないの?―知ってるようで知らない「医学・人体」の大疑問9+8
第6章 海の塩分濃度はどんどん高くなっていかないのか?―理科の先生も教えてくれない「地球・自然」の大疑問14
第7章 オートファジー・青色発光ダイオード・iPS細胞…は何がどうすごいの?―知ってるだけで鼻が高くなる「最先端科学」の大疑問10+10

出版社内容情報

子どもに聞かれても答えられない身近な科学の大疑問をスッキリ解決してくれる本!なぜ電卓は計算間違いしないのか? ウナギ屋の「秘伝のタレ」は200年も使い続けて腐らないのか? 「何万光年」離れている星の距離がどうしてわかるのか? などなど、ずっと気になっていたけれど、なぜだかわからない。子どもに聞かれても答えられない身近な科学の大疑問をスッキリ解決してくれる本!

話題の達人倶楽部[ワダイノタツジンクラブ]
カジュアルな話題から高尚なジャンルまで、あらゆる分野の情報を網羅し、常に話題の中心を追いかける柔軟思考型プロ集団。彼らの提供する話題のクオリティの高さは、業界内外で注目のマトである。