青春新書インテリジェンス<br> 経済で謎を解く関ヶ原の戦い

個数:
電子版価格 ¥896
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

青春新書インテリジェンス
経済で謎を解く関ヶ原の戦い

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月25日 22時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 192p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784413045322
  • NDC分類 210.48
  • Cコード C0221

内容説明

効率よく勢力を拡大してきた徳川家康が唯一、石田三成に握られていた経済的弱みから関ヶ原の戦いの本質が明らかになる!

目次

はじめに―「関ヶ原」の数々の謎は、経済でスッキリ解ける
第1章 家康が格下の三成を恐れていた理由
第2章 大名たちの経済格差を生じさせた朝鮮出兵
第3章 三成と家康、水面下の経済戦争
第4章 実は脆弱だった豊臣家の財政基盤
第5章 天下取りに向けた家康のしたたかな経済戦略
第6章 なぜ関ヶ原の戦いは数時間で終わったのか
おわりに―「関ヶ原」の経済的影響は現代にまで続いている

著者等紹介

武田知弘[タケダトモヒロ]
1967年福岡県生まれ。西南学院大学経済学部中退。91年に大蔵省に入省し、バブル経済崩壊後の日本経済の現場をつぶさに見て回る。99年退官後は、出版社勤務等を経て、本格的に執筆活動をスタート。経済的な視点から歴史に新たな光を当てることに定評がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本史最大のミステリーである関ヶ原の謎も、「経済」の視点で読み解くと、スッキリ見えてくる。歴史好き必読の一冊!