青春新書インテリジェンス<br> ブラック化する学校―少子化なのに、なぜ先生は忙しくなったのか?

個数:
電子版価格 ¥853
  • 電書あり

青春新書インテリジェンス
ブラック化する学校―少子化なのに、なぜ先生は忙しくなったのか?

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年06月19日 13時40分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 188p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784413045070
  • NDC分類 372.1
  • Cコード C0237

内容説明

今や6人に1人が非正規教員。年収80万円の公立小学校の先生も…親(モンスターペアレント)、教師(ダメ教師)だけの問題じゃない!子どもの学ぶ環境を歪ませている意外なものとは?

目次

はじめに―なくならない「いじめ」や「不登校」の背景にあるもの
第1章 先生はなぜ“忙しくなった”のか―モンスターペアレントへの対応、部活…だけじゃない真実
第2章 公立小中学校で非正規教員が増えている理由―今や六人に一人!クラス担任が非正規は普通のこと…?
第3章 心を病む先生たち―なぜ教員には「精神疾患による休職」が多いのか
第4章 先生に、子どもに、競争を強いているのは誰か―「何のために」勉強するか…子どもと教育の可能性を広げる視点
おわりに―改善の第一歩は「現実を正しく知る」ことから

著者等紹介

前屋毅[マエヤツヨシ]
1954年鹿児島県生まれ。フリージャーナリスト。法政大学第二社会学部卒業。立花隆氏や田原総一郎氏の取材スタッフ、『週刊ポスト』記者を経てフリーに(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

小中学生の子をもつ親や教育にたずさわるすべての人、必読の一冊。なぜ少子化なのに、先生は忙しくなったのか? 増える精神疾患による休職、6人に1人が非正規教員、年収80万円で生活保護を受けながら教壇に立つ教員も…これすべて公立小中学校の現実。モンスターペアレントや教師の質の問題だけじゃない、学校教育を歪ませている意外なものとは! そして、子どもの学ぶ環境を守るために親ができることとは! 小中学生の子をもつ親や教育にたずさわるすべての人、必読の一冊。

前屋 毅[マエヤツヨシ]
1954年、鹿児島県生まれ。法政大学第二社会学部卒業。立花隆氏や田原総一朗氏の取材スタッフ、『週刊ポスト』記者を経てフリーに。教育、経済、社会、教育の問題をテーマに取り組んでいる。著書に『日本の小さな大企業』(小社刊)のほか、『学校が学習塾にのみこまれる日』(朝日新聞社)、『ほんとうの教育をとりもどす』(共栄書房)などがある。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件