青春新書インテリジェンス<br> 林修の仕事原論―壁を破る37の方法

個数:
電子版価格 ¥814
  • 電書あり

青春新書インテリジェンス
林修の仕事原論―壁を破る37の方法

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2020年07月05日 06時14分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 173p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784413045018
  • NDC分類 159
  • Cコード C0234

内容説明

仕事は“勝ち負け”で考える。大人気予備校講師が贈る、珠玉のメッセージ!

目次

1 仕事といかに向き合うか(自分が不運だと思う人は、向いていない仕事をしていないか疑うべき;好きか嫌いか、できるかできないか ほか)
2 必ず結果を出す人の「対人力」(とにかく観察せよ!相手のこだわりを見抜くべし;あえて相手が期待するような反応をしない ほか)
3 すべてを勝ち負けで考える(敗者に泣く資格はない。「すべて自分が悪い」と考えよう;競争原理が個人も社会も成長させる ほか)
4 自己演出と自己管理の方法(物事が「そうであること」と「そう見えること」に差はない;ときには朝5時にメールしてやる気をアナウンスする ほか)

著者等紹介

林修[ハヤシオサム]
1965年愛知県生まれ。東進ハイスクール、東進衛星予備校現代文講師。東京大学法学部卒業後、日本長期信用銀行に入行。その後5カ月で退社し、予備校講師となる。現在、東大特進コースなど難関大学向けの講義を中心に担当。テレビ番組のMCや講演など、予備校講師の枠を超えた活躍を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

自らの仕事観を初めて明らかにした人気作が待望の新書化。「どう生きるかとは、どう仕事をするかと等しいとまでは言えないとしても、重なる部分はあまりにも大きい。だとしたら、仕事といかに向き合うかについて、もっともっと考えるべきではないでしょうか?」予備校講師の枠を大きく超えた活躍を続ける林修先生。この社会で“勝てる場所”を見つけるためにどのように考え、どのように行動してきたのか。自らの仕事観を初めて明らかにした人気作が待望の新書化。

林 修[ハヤシオサム]
1965年愛知県生まれ。東進ハイスクール、東進衛星予備校現代文講師。東京大学法学部卒業後、日本長期信用銀行に入行。その後5カ月で退社し、予備校講師となる。現在、東大特進コースなど難関大学向けの講義を中心に担当。テレビ番組のMCや講演など、予備校講師の枠を超えた活躍を続けている。