青春新書インテリジェンス<br> 一流はなぜ「シューズ」にこだわるのか

個数:
電子版価格
¥891
  • 電書あり

青春新書インテリジェンス
一流はなぜ「シューズ」にこだわるのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月24日 12時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 187p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784413044905
  • NDC分類 780.28
  • Cコード C0275

出版社内容情報

世界一のシューズ職人による「自分に合ったランニングシューズ」の選び方を伝授!!箱根駅伝連覇の青山学院大学陸上部・原晋監督推薦!野口みずき、高橋尚子、有森裕子ら五輪メダリストをはじめ、青山学院大学駅伝チーム、イチロー、内川聖一、錦織圭、香川真司ら、トップアスリートの特注シューズ・インソールを作り続けてきた「現代の名工」三村仁司。そんな著者が、アスリートたちの知られざるエピソードを交えながら、「あと1秒」「あと1ミリ」夢に近づくための、アスリートとシューズ職人、プロフェッショナルたちの見えない努力を語り下ろした一冊。世界一のシューズ職人による「自分に合ったランニングシューズ」の選び方も伝授!!

三村仁司[ミムラヒトシ]
1948年兵庫県生まれ。高校時代は長距離選手としてインターハイ等で活躍。卒業後、オニツカ株式会社(現・株式会社アシックス)に入社。成型係、研究室等を経て、74年別注シューズの製作を開始。数々のメダリスト、アスリートにシューズを提供。2004年厚生労働省「現代の名工」表彰、06年黄綬褒章を受章。09年に定年退職し、シューズ工房「ミムラボ」を設立。現在は同社代表取締役兼アディダスジャパン専属アドバイザー。これまでに瀬古利彦、森下広一、有森裕子、高橋尚子、野口みずき、イチロー、長谷川穂積、内川聖一、香川真司…らにシューズを提供。青山学院大学駅伝チームのシューズ製作も行い、15年16年の箱根駅伝連覇に貢献している。

内容説明

「あと1秒」「あと1ミリ」夢に近づくためのアスリートとシューズ職人、プロフェッショナルたちの仕事の神髄―シューズを変えれば結果が変わる!野口みずき、高橋尚子、イチロー…をサポートしてきた世界一のシューズ職人が教える、プロの「見えない努力」とは。

目次

序章 オリンピックメダリストを支えたシューズ
第1章 「勝てるシューズ」とは何か?―「足」を見れば、すべてがわかる
第2章 1ミリにこだわるトップアスリートの世界―一流と二流を分けるもの
第3章 選手の履きたいシューズは作らない―シューズ職人として譲れないこと
第4章 シューズで世の役に立つ、ということ―究極のシューズ作りとは
付章 世界一のシューズ職人が伝授!「自分に合ったランニングシューズ」の選び方

著者等紹介

三村仁司[ミムラヒトシ]
1948年兵庫県生まれ。高校時代は長距離選手としてインターハイ等で活躍。卒業後、オニツカ株式会社(現・株式会社アシックス)に入社。成型係、研究室等を経て、74年別注シューズの製作を開始。数々のメダリスト、アスリートにシューズを提供。2004年厚生労働省「現代の名工」表彰、06年黄綬褒章を受章。09年に定年退職し、シューズ工房「ミムラボ」を設立。現在は同社代表取締役兼アディダスジャパン専属アドバイザー。青山学院大学駅伝チームのシューズ製作も行い、15年16年の箱根駅伝連覇に貢献している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

緋莢

17
「勝てるクツをお願いします」そう言った野口みずきに、「おう、ええよ。『勝てるクツ』作ったる」著者はそう答えた。そして、アテネオリンピックで野口みずきは金メダルを獲得した。勝負にとことんこだわり、想像をはるかに超えるギリギリの努力をするアスリートたちの要望に応え、シューズ作りに心血を注ぐ著者。「勝てるシューズ」とは何か?や、一流と二流をわけるもの、シューズ職人として譲れないものなどについて書く。2016/10/15

さや

16
マラソンに本気で挑み始めたからか、おもしろくて仕方なかった。トップで走る人々は繊細でありながら、ずぼらでもあり、その選手たちを様々な人々が支えている。シューズはそれこそ選手の足元を支えている。プロだけではない。著者のシューズに対する熱い思いを感じる。2016/11/05

ふーみん

8
高橋尚子、野口みずきなど、数々の名アスリート用のシューズを作った元アシックスの三村さんが書いた本。 走る人におもねらない職人気質なところに魅力を感じた。 ミムラボシューズをいつか履いて走りたい(≧∇≦)2017/05/31

ゆうゆう

7
おぉ!リアル村野さんの言葉だ!陸王繋がりで探したが、プロのスポーツ選手が道具にお金をかけるのは当たり前で、走る選手はシューズにかけるウェイトが重くて当たり前だ。ソールでそんなに違うとは、インナーの調節でも違いが出るとは!心引かれるけど、なかなかプロのお店には行けないなぁ。通勤が少しでも快適になる靴欲しいなぁ。2017/12/17

FK

4
著者は『陸王』のシューフィッターのモデルとのこと。それにしてもこれほどまでにスポーツには靴が大切なのに、どうして普段履きの靴をはじめとして、私の場合は山靴とテニスシューズだが、細かい意が払われていないのかと疑問と慨嘆を。私の仮説だが、山での滑落・転落は、その原因の一つに靴が関係していると思っている。/もう一度自分の足長を計ってみると、26.5センチだと思っていたのに1センチほど長く・大きくなっていたようで、驚かされた。ランナーも走っている間に1センチほど大きくなる、と。だから足長+人差し指分の靴を、と。2019/05/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11095130
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。