間違いだらけの人生設計―30代・40代にやっておきたいこと、やらなくていいこと

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784413032605
  • NDC分類 159
  • Cコード C0012

内容説明

“ギブ・アンド・テイク”では信用は勝ち取れない。“何が何でもマイホーム”の過ちが人生を苦しめる。生命保険=貯蓄という勘違いをいまこそ正せ。自分に正しく投資した人にはお金も時間も人脈もついてくる。

目次

第1章 三〇代・四〇代からの仕事―独立するのか、転職するのか、スキルを身につけるのか
第2章 三〇代・四〇代からの生き方、考え方―発想で勝負するのか、知識を生かすのか
第3章 三〇代・四〇代からのマネープラン―貯めるべきなのか、使うべきなのか
第4章 三〇代・四〇代からのマイホームプラン―いまは買う時代か、借りる時代か

著者等紹介

川北義則[カワキタヨシノリ]
1935年大阪生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。東京スポーツ新聞社に入社。文化部長、出版部長を歴任。1977年に退社、日本クリエート社を設立する。現在、出版プロデュサーとして活躍するとともに、生活経済評論家として新聞、雑誌などに連載を抱える。『人生後半の設計はこうしなさい』『モノの捨て方で人生が変わる』(小社刊)『何が売れて何が売れないか』(ダイヤモンド社刊)ほか多数の著書は、いまの生き方の指針としてベストセラーとなっている。本来活力みなぎるはずの30代、40代の人たちが、希望を失い気力をなくしつつある現在。いかなるビジョンをもって生きていくべきかを、あらゆる角度から見つめ直すための必読書である
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Humbaba

9
転職は人生の方針転換をするための一つの手段である。ただし、転職するとしても、前の職の辞し方はよく検討しておく必要がある。喧嘩別れをしないというのは勿論だが、それだけで充分というわけではない。その上で、相手が困らないように続く人間を育てておくことで、何かの時に助けてくれる味方を作れる。2015/02/07

Humbaba

3
人生において時間は有限な資産である。ただし、その資産はお金よりも簡単に溶けてしまうこともある。年を取ってやらなければいけないことが増えてくると、自分のための時間というのが取れなくなってくる。だからこそしなくてもいいことをしっかりとリスト化し、本当に必要なことに時間を使うようにする。そうすることで時間を有効に使え、自分のありたいような人生を送りやすくなる。2023/11/05

hayauta

0
不遇なとき、失意の時に決定してはいけない2011/09/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/639011
  • ご注意事項