プレイブックス<br> こんなに損していた日本人―社会党がやると日本はこうなる

  • ポイントキャンペーン

プレイブックス
こんなに損していた日本人―社会党がやると日本はこうなる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 236p/高さ 18X11cm
  • 商品コード 9784413015080
  • NDC分類 315.1

内容説明

いま日本人が一番知りたいことは、社会党がこれからどうするかということである。日本社会党はこれから何をしようとしているのか―、どういう日本をつくろうとしているのか―、どういう人間社会を築こうとしているのか―。土井たか子、上田哲、伊藤茂という社会党の“顔”3人が、そのすべてを明らにかしたのがこの本。「断固」「反対」「阻止」ばかりを連呼していると思い込まれていたこの党のイメージを一掃し、経済を考える人も、日常のサラリーマン生活を送る人も、台所で家事をしている人も、経済・福祉・外交・農業・軍事…等、無関心では済まされないきわめて重大な問題提起がここにある。

目次

1章 こういう幸せをなぜ誰も言わなかったのだろう―自分があっての日本か日本があっての自分か
2章 新しい人間、新しい経済、新しい日本づくり―社会党は日本をこう変えたい(借金162兆円を埋める社会党の方式;90年代デタントへの平和新構想;“原発論争”はもとから解決へ;農村の危機を救う政策消費者を満足させる政策;30年後、社会党のみるもう一つの高齢化社会)
3章 それでも社会党を心配するあなたへ―知らないで過ごすより知ったほうがどんなにラクか