ねがいごと

個数:

ねがいごと

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 79p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784411041500
  • NDC分類 K953
  • Cコード C8797

内容説明

クリスマスの夜、子どものいない夫婦のもとにひとりの少女が現れる。しかし少女とひきかえに夫婦は心臓に変身してしまう…。やさしくもせつない親子の物語。

著者等紹介

ンディアイ,マリー[ンディアイ,マリー][NDiaye,Marie]
1967年、フランス中部のピティヴィエに生まれる。現代フランス文学を代表する作家の一人。幼いころから作家を志し、17歳でデビュー。これまでに十冊以上の小説や戯曲を発表しているほか、童話を三冊刊行している。2001年に『ロジー・カルプ』(邦訳は早川書房、近刊)でフェミナ賞を受賞。作家ジャン=イヴ・サンドレーとの間に三人の子どもがいる。現在はドイツのベルリンに暮らす

シャルバン,アリス[シャルバン,アリス][Charbin,Alice]
1969年、フランスのノルマンディ地方に生まれる。イギリスでグラフィックアートとイラストレーションを学ぶ。児童書を中心に、書籍、雑誌、広告のイラストレーターとして活躍している。エルメスの公式サイトでイラストを担当。パリに暮らす。四人の子どもがいる

笠間直穂子[カサマナオコ]
1972年、宮崎県に生まれる。上智大学、東京大学大学院、ルーアン大学でフランス語とフランス文学を学ぶ。現在は上智大学ほかで非常勤講師をつとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

子供のいない夫婦にクリスマスの夜突然のプレゼント。それはまちにまった子供。でもふたりはいつのまにか心臓(こころ)に変わってしまって…。現代フランスの人気作家が親と子の愛情について描く。親子で読んで楽しめます。

 作者のマリー・ンディアイは、一九六七年、フランス中部のピティヴィエという町に生まれ、パリ郊外で育ちました。母親はフランス人、父親は西アフリカの国セネガルの出身です。いわゆる「白人」と「黒人」のハーフですが、両親は早くに別れ、マリーは母親のもとで育ちました。アフリカ文化とほとんど接触することなく、フランスで、フランス人のあいだで生まれ育ったマリーは、それだけに、まわりと異なった顔だちをもつ自分に対する人びとの視線にさらされます。そんな環境のなかで、彼女は幼いころから、名前や肌の色と関係なく踏みこんでいける文学の世界に親しみ、作家を目指すようになります。
 十七歳という若さでデビューしたのち、今日までに十数冊の大人向けの小説や戯曲を発表し、フランス現代文学のなかでも飛びぬけた実力をもつ作家として知られています。二〇〇一年には小説『ロジー・カルプ』で、フランス最高の文学賞のひとつであるフェミナ賞を受賞しました。作品は複数の言語に翻訳されており、日本でも、短篇集『みんな友だち』が二〇〇五年に出版されています。また、『ロジー・カルプ』や、最新作『心ふさがれて』も近日刊行となるほか、初来日も予定されています(二〇〇八年十月)。なお『心ふさがれて』は、本作『ねがいごと』と同じく、「こころ(coeur[oeつなげる])」がキーワードになっています。
(・・・)
『ねがいごと』には、「リアル」と「ファンタジー」、「いいこと」と「悪いこと」の境界線が揺らぐような独特の雰囲気がありますが、それは大人向けに書かれたンディアイ作品と共通しています。いくつもの読み方ができる、という点も、変わりません。スカッとするというよりは、なにか謎めいた夢を見てしまったときのような、微妙な読後感をもたらす物語です。心を揺さぶられながらも、同時にきょとんとしてしまう感じ、と言えばいいでしょうか。
(・・・)
 クリスマス・プレゼントのようにして現れた養女を、両親は、むやみに飾りたてて、人形みたいに、こわれやすいモノみたいにあつかいます――ところが、実は、こわれやすいモノになっているのは自分たちです。大人が子どもみたいで、子どもはどこか大人びている。いわば鏡の国にいるように、ものごとの関係が反転しています。
 事件が起き、時間が経って、ようやく最後に、両親は自分たちの要求を娘に押しつけるばかりではなく、本心を隠すことで娘にゲームをしかけたり、いっしょに何かしようと誘ったりするようになります。つまり、モノではなく、自分たちとは別の、ひとつの人格として、子どもを見るようになった、ということです。「秘密」や「誘い」は、「相手がなにを考えているかわからない=自分とは別の人間だ」という前提があってこそ、成立するのですから。カメリアと両親、双方のねがいがとうとう一致します。三人は、ふつうの親子になったのです。
 作者は、カメリアを登場させた瞬間から、ずっとカメリアの視点で物語を語っています。ふたつのクリスマスにはさまれた一年間にわたる、変身した両親との生活。それは、見知らぬ国の、見知らぬ親のもとにやってきた黒い肌の女の子が、新しい環境に慣れて、なんでもない日常を親と過ごせるようになるまでの、違和感や、とまどいや、反発を、映しだしているのかもしれません。(訳者あとがきより)