近代日本人のフランス―かの国にたどる芸術家十人の生の軌跡

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 214p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784411022264
  • NDC分類 910.26
  • Cコード C0098

目次

荷風のフランス―『ふらんす物語』再読
藤村のフランス
横光利一のフランス―『旅愁』をめぐって
金子光晴のフランス―『ねむれ巴里』
高村光太郎のフランス―あるイデアリストの詩と真実
藤田のフランス―仮面の道化、嗣治からレオナルドへ
岡本太郎のフランス―『母子叙情』、そのむす子の「爆発」胚胎の場
与謝野寛・晶子のフランス―君も雛罌栗われも雛罌栗
佐伯祐三のフランス―巴里に魅せられた画家の生と死

著者紹介

滝澤壽[タキザワヒサシ]
信州大学人文学部教授(フランス語学・フランス文学)。1944年、長野県中野市生まれ。1973年、京都大学文学研究科博士課程(フランス語学・フランス文学専攻)中退。十九世紀フランス・レアリスム小説を専攻、同時に日本とフランスとの関わり、とりわけ両国を巡る比較文化論に関心を抱く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)