紛争という日常―北アイルランドにおける記憶と語りの民族誌

個数:
  • ポイントキャンペーン

紛争という日常―北アイルランドにおける記憶と語りの民族誌

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 306p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784409530481
  • NDC分類 389.338
  • Cコード C3036

内容説明

民族紛争と政治暴力。その歴史において暴力と結びついた土地、北アイルランド。長期紛争のなかでの日常経験や人間関係に着目し、綿密な聞き取りから人びとの紛争の記憶と物語に迫る。

目次

第1章 揺れる日常、変わりゆく記憶
第2章 長期紛争経験の語りの解釈学
第3章 社会的・歴史的背景
第4章 紛争という日常
第5章 地域コミュニティの集合経験
第6章 和平への葛藤
第7章 時間を旅する歴史経験―間世代的な記憶
第8章 対抗的物語と対抗的語りの行為
第9章 長期紛争の記憶を語るということ

著者等紹介

酒井朋子[サカイトモコ]
1978年北海道生。2003年京都大学大学院農学研究科修士課程修了。2010年ブリストル大学Ph.D(社会学)。現在、東北学院大学教養学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

その歴史において暴力と結びついた土地、北アイルランド。
長期紛争のなかでの日常経験や人間関係に着目し、綿密な聞き取りから人びとの紛争の記憶と物語に迫る。

 本書は、30年つづいた北アイルランド紛争の記憶の民族誌である。中心となるのは、とらえがたく漠とした生活の記憶や、益体なきものに見える日々の噂話やおしゃべりが、いかに人と地域コミュニティの価値規範を根底において支え、ある政治経験・歴史経験が「共有されている」という意識を涵養してきたのかという関心である。

【目次】
第一章 揺れる日常、変わりゆく記憶
 
第二章 長期紛争経験の語りの解釈学
 
第三章 社会的・歴史的背景
 
第四章 紛争という日常
 
第五章 地域コミュニティの集合経験
 
第六章 和平への葛藤
 
第七章 時間を旅する歴史経験?間世代的な記憶
 
第九章 長期紛争の記憶を語るということ

【著者紹介】
1978年 北海道生 2003年 京都大学大学院農学研究科修士課程修了 2010年 ブリストル大学Ph.D(社会学) 現在 東北学院大学教養学部准教授 主な論文 「長期紛争経験を聞くことの解釈学」『日本オーラル・ヒストリー研究』第9号(2013);“Storytelling practices and the formation of collective experience: Narratives of the conflict in Northern Ireland", Senri Ethnological Studies, Vol. 81 (2013);“Trans-generational memory: Narratives of World Wars in post-conflict Northern Ireland”, Sociological Journal Online, Vol. 14, Issue 5 (2009)。