人類の自己家畜化と現代

個数:

人類の自己家畜化と現代

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 201p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784409530283
  • NDC分類 469
  • Cコード C1039

内容説明

現代人は快適さを追求してついに家畜化した!歯や顎の退化、抵抗力の減退、感性の衰弱、個性の喪失とクローン化…現代文明と「人類の自己家畜化」との本質的な関係と問題の所在を、第一線の研究者が学際的に解明する。

目次

メタファーとしての自己家畜化現象―現代文明下のヒトを考える
人間の自己家畜化を異文化間で比較する
自己家畜化の認知的側面
清潔すぎることの危うさ
いま、子どもの口の中に何が起きているか
ヒトにとって教育とは何か―自己家畜化現象からの視点
ペットと現代文明
ヒトの未来

著者等紹介

尾本恵市[オモトケイイチ]
1933年生まれ。東京大学大学院博士課程中退。理学博士、ph.D.東京大学理学部教授(人類学)を経て、国際日本文化研究センター教授として「日本人・日本文化」に関する学際研究を行う。現在、桃山学院大学文学部教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

感性の衰弱、肉体の弱化、子どもの歯や顎の劣化、道徳心の麻痺、個性の喪失とクローン化…九人の筆者による衝撃的な問題提起。