来るべき経済学のために

個数:

来るべき経済学のために

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 203p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784409241004
  • NDC分類 331
  • Cコード C1033

内容説明

古典派からトマピケティまで、経済学の歴史と現状を大観し、大学教育問題を踏まえて、来るべき学問の姿を展望する。

目次

第1章 経済学と経済学史その一(経済学者は理論から経済学史に向かう?;マルクス経済学者はなぜ経済学史に向かったのか ほか)
第2章 経済学と経済学史その二(市場原理主義は経済学の傍流;格差社会への警鐘 ほか)
第3章 ノーベル賞からみる経済学(経済学賞はノーベル賞ではない!?;左派は排除される? ほか)
第4章 来るべき経済学のために(京大経済学部の教育;役に立たない授業 ほか)

著者紹介

橘木俊詔[タチバナキトシアキ]
1943年、兵庫県生まれ。現在、京都女子大学客員教授、京都大学名誉教授。専門は労働経済学。京都大学経済学博士(1998年)。1967年小樽商科大学商学部卒業、1969年大阪大学大学院経済学研究科修士課程修了、1973年ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。京都大学(1979~2007年)、同志社大学(2007~2014年)で教鞭をとる。元日本経済学会会長(2005年度)

根井雅弘[ネイマサヒロ]
1962年、宮崎県生まれ。現在、京都大学大学院経済学研究科教授。専門は経済思想史。1985年早稲田大学政治経済学部卒業、1990年京都大学大学院経済学研究科博士課程修了(経済学博士)。著著・編著は40冊近い。新聞・雑誌などの書評委員も多数務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「いま、教養のある経済学者は本当にまれです」
「日本の大学には経済学部が多すぎる」
「日本では主流派の経済学が根付いていない。だからアンチも育たない」
「正統な経済学を学べば、市場原理主義にはなりえない」

古典派からトマ・ピケティまで、経済学の歴史と現状を大観し、
大学教育問題を踏まえて、来るべき学問の姿を展望する。

【著者紹介】
1943年、兵庫県生まれ。現在、京都女子大学客員教授、京都大学名誉教授。専門は労働経済学。京都大学経済学博士(1998年)。灘高等学校を経て、1967年小樽商科大学商学部卒業。1969年大阪大学大学院経済学研究科修士課程修了、1973年ジョンズ・ホプキンス大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。京都大学(1979~2007年)、同志社大学(2007~2014年)で教鞭をとる。元日本経済学会会長(2005年度)。日本語の単著・共著・編著は70冊を超える。近著に、『実学教育改革論』(日本経済新聞出版社)、『ニッポンの経済学部』(中公新書ラクレ)、『脱「成長」戦略』(広井良典との共著、岩波書店)など。弊社では、山森亮との対談『貧困を救うのは、社会保障改革か、ベーシック・インカムか』(2009年)を刊行。(

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件