貧困の放置は罪なのか―グローバルな正義とコスモポリタニズム

個数:
  • ポイントキャンペーン

貧困の放置は罪なのか―グローバルな正義とコスモポリタニズム

  • 伊藤 恭彦【著】
  • 価格 ¥3,456(本体¥3,200)
  • 人文書院(2010/05発売)
  • シルバーウィーク秋の全店ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 64pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年09月20日 10時23分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 298p
  • 商品コード 9784409240892
  • NDC分類 368.2
  • Cコード C1036

内容説明

グローバリゼーションの影で過酷さを増す世界の貧困と格差。その解消のために、富裕国に住む我々にはいかなる義務があるのか。拡がりを見せるグローバル・ジャスティスの議論から丹念に説き起こす、比類なき熱き思考。

目次

序章 貧困に苦しむ人々と私たち―グローバルな正義の課題(世界の貧困の実態;貧困撲滅に向けて;グローバルな正義とコスモポリタニズム)
第1章 貧困の放置は罪なのか―貧困の撲滅をターゲットとするグローバルな正義(日常生活に潜む新マルサス主義;日常生活に潜むリバタリアニズム;日常生活に潜むナショナリズム)
第2章 シャンパングラスと暴力―グローバル資本主義改革を目指す正義(格差と暴力;構造的不正義とグローバル資本主義;グローバルな分配的正義)
第3章 正義を実践する―グローバルな正義と国際公共政策(ODA政策の改革;グローバルな税制の可能性;グローバル資本主義の改革)
第4章 コスモポリタニズムの倫理とグローバルな正義―改革と共生への希望(共生の思想としてのコスモポリタニズム;グローバル資本主義、グローバルな正義、コスモポリタニズム)

著者等紹介

伊藤恭彦[イトウヤスヒコ]
1961年、名古屋市生まれ。大阪市立大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得。博士(法学)。静岡大学人文学部教授を経て、名古屋市立大学大学院人間文化研究科教授。専攻は、政治学・現代政治哲学・公共政策学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。