台湾女性研究の挑戦

個数:
  • ポイントキャンペーン

台湾女性研究の挑戦

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 365p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784409240885
  • NDC分類 367.222
  • Cコード C3036

内容説明

学術界の第一線で活躍する気鋭の女性研究者による翻訳論文集。各篇に日本の研究者による「解題」が付き、台湾のジェンダー研究の歴史背景や現況が概観できる。

目次

1 変革の道程(「不孝」の権利―台湾女性の相続をめぐるジレンマ;台湾の女性労働力および職場におけるジェンダー不平等;フェミニズムの体制内改革―台北市女性権益保障弁法の制定の過程と検討;台湾女性運動の歴史をふりかえって)
2 社会進出の道程(日本植民体制と台湾女性医療従事者;出家による社会進出―戦後台湾における女性僧侶の生き方;部落と都会の間―台湾原住民女性の世代間における経済活動の変転)
3 女たちの声を聴く(戦後台湾女性の堕胎心性史(一九四五‐一九八四)
女性史研究の方法―ある台湾ドキュメンタリー・フィルムを例として)

著者紹介

野村鮎子[ノムラアユコ]
奈良女子大学文学部教授

成田靜香[ナリタシズカ]
関西学院大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)