クラスに悩む子どもたち―新しい学校作りに向けて

個数:

クラスに悩む子どもたち―新しい学校作りに向けて

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 231p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784409240694
  • NDC分類 371.3
  • Cコード C0037

内容説明

「神経戦の戦場」と化してしまった教室のあり方は問い直されねばならない。カウンセラーとして、学校現場において揺れ動く子どもたちのSOS、教師たちの苦闘に触れてきた編者が今、学校改革へのあらたなアプローチを探る。

目次

1 「クラス・学級・教室」の子どもたち(小学校低学年 「学校が怖い」―突然、登校できなくなった剛;小学校高学年 「クラスって学級って何だろう」―悩める学級委員尚子 ほか)
2 教師から見た「クラス・学級・教室」(小学校で 「みんなちがって、みんないい?」;中学生で クラスを回避する生徒たち―崩れかけている「前提」 ほか)
3 歴史の中の「クラス・学級・教室」(学校という「奇妙な」場;近代学校の成立 ほか)
4 小説・映画の中の「クラス・学級・教室」

著者紹介

木之下隆夫[キノシタタカオ]
1952年生まれ。愛知学院大学大学院修士課程修了。愛知大学文学部助教授。心理相談室キノシタ主宰。文学修士臨床心理士

菅佐和子[スガサワコ]
1949年生まれ。京都大学大学院博士課程修了。京都大学医学部保健学科教授。教育学博士。臨床心理士。教職と並行してカウンセラーとしての活動を続けている