不良・ヒーロー・左傾―教育と逸脱の社会学

個数:
  • ポイントキャンペーン

不良・ヒーロー・左傾―教育と逸脱の社会学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年09月24日 02時58分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 345p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784409240663
  • NDC分類 367.6
  • Cコード C3037

内容説明

「反発し、逸脱し、反抗することにこそ青春の証しがある」―19世紀から20世紀にかけての若者の行動や態度に対する期待や不安が生み出す表象や諸制度、そしてそれに順応したり反抗したりしながら独自に形成されていく若者文化の登場。本書は若者をめぐる社会史・歴史社会学的研究の基本的な共通認識に立つ教育学研究者が、日本・ドイツ・フランス・アメリカのそれぞれの社会的文脈における逸脱と教育の諸現象を具体的に観察しながら、若者の新しい行動様式のあり方を従来とは異なる角度から再検討した興味深い取組み。

目次

プロブレマチックとしての不良青年―序論にかえて
第1章 「左傾学生」の群像
第2章 英雄主義の系譜―「雄弁」と「冒険」の明治四十年代
第3章 書生風俗と身体
第4章 不良・良妻賢母・女学生文化
第5章 一九二〇年代のローカル新聞にみる風紀・「不良」問題
第6章 若者文化における秩序と反秩序―盆踊りの禁止と復興をめぐって
第7章 「男女交際」という言説
第8章 高等女学校同窓会の身体文化―戦時期の実践と記憶の再構築メカニズム
第9章 「エーデルヴァイスの野郎ども」
第10章 十八世紀フランスにおける封印令状と家族秩序の動揺―わが子の監禁を願い出るとき
第11章 アメリカ合衆国における「非行少年」の誕生―一八二〇年代のアメリカ少年保護事情
ディフィカルト・ボーイの輝き―あとがきにかえて

著者等紹介

稲垣恭子[イナガキキョウコ]
1956年広島県生れ。1983年京都大学大学院教育学研究科博士課程中退。現在、京都大学大学院教育学研究科助教授(教育社会学)

竹内洋[タケウチヨウ]
1942年新潟県生れ。1973年京都大学大学院教育学研究科博士課程修了。現在、京都大学大学院教育学研究科教授(教育社会学)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

若者の逸脱と教育システムとの相関関係を歴史の具体の場で探った論集。