インセスト幻想―人類最後のタブー

個数:
  • ポイントキャンペーン

インセスト幻想―人類最後のタブー

  • 原田 武【著】
  • 価格 ¥2,484(本体¥2,300)
  • 人文書院(2001/11発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 46pt
  • 提携先に2冊在庫がございます。(2018年12月13日 10時28分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784409240656
  • NDC分類 367.9
  • Cコード C3036

内容説明

インセストすなわち近親相姦。人間関係をめぐる数々のタブーを克服してきた近代社会において、人類最後の禁忌とされながらその違犯の事例が絶えない特殊な性愛現象。厳重な禁止に背いておぞましい行為にひきこまれざるを得ない人間の「哀しさ」を描いた古今東西の多くの文学作品をひもときながら、母子癒着や父娘間の家庭内性暴力など現代的課題にも目を注いで、インセストを人間の精神と文化の問題として冷静かつ包括的に扱った極めて注目すべき労作。

目次

序章 インセストの禁止と侵犯
第1章 近親への欲動は特殊・例外的なのか
第2章 近親婚禁忌の起源について
第3章 インセストタブーと宗教
第4章 家族が愛人に変わるとき
第5章 母と息子、父と娘
第6章 きょうだいインセストとその周辺
終章 インセストはなぜ悪なのか

著者等紹介

原田武[ハラダタケシ]
1933年生まれ。現在、関西福祉科学大学教授、大阪外国語大学名誉教授。専攻はフランス文学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。