生者と死者のほとり―阪神大震災・記憶のための試み

個数:

生者と死者のほとり―阪神大震災・記憶のための試み

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 271p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784409240571
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0036

内容説明

死者の沈黙に耳を傾け、犠牲者を畏れ続ける。震災体験の内面化・普遍化に向けて。生死のあわいをたどる二十二人の声。

目次

過ぎ去りゆくもの―はじめに
いかにやわらかく壊れるか―木と土と水と
風景が壊れている、そして私も…
揺れ動いた心の覚書
土地の記憶
自転車通勤の街中で、モノもまた夢を見る
恵まれたものは恵まれて
震災現場から「表現」を
震災に何を見るのか
時のほとり
震災のなかのひとりの死者―シンクロニシティ、いつの日かの〔ほか〕