感染症社会―アフターコロナの生政治

個数:

感染症社会―アフターコロナの生政治

  • ウェブストアに40冊在庫がございます。(2020年10月20日 11時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 264p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784409041130
  • NDC分類 493.87
  • Cコード C1010

内容説明

混乱の本質とは何か、そしてこの先にある世界とは。新型コロナウイルスは何度も繰り返されてきたパンデミックに過ぎないのか?医師であり注目の医療社会学者でもある著者が、COVID‐19に関する医学的知見と発生以来の経緯、そして社会学的分析をふまえ、事態を総合的に捉える迫真の論考。

目次

第1章 感染症という妖怪
第2章 COVID‐19の誕生―パンデミック以前
第3章 コロナウイルスは存在する
第4章 感染源の図像学―クラスター対策とスーパースプレッダー
第5章 感染までのディスタンス
第6章 隔離・検疫の哲学と生政治
第7章 二〇〇九年には喜劇として、二〇二〇年には悲劇として
エピローグ 感染症映画をみる

著者等紹介

美馬達哉[ミマタツヤ]
1966年大阪生まれ。京都大学大学院医学研究科博士課程修了。医学博士。現在、立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。専門は医療社会学、脳科学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。