感染症社会―アフターコロナの生政治

個数:

感染症社会―アフターコロナの生政治

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年12月01日 05時44分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 264p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784409041130
  • NDC分類 493.87
  • Cコード C1010

内容説明

混乱の本質とは何か、そしてこの先にある世界とは。新型コロナウイルスは何度も繰り返されてきたパンデミックに過ぎないのか?医師であり注目の医療社会学者でもある著者が、COVID‐19に関する医学的知見と発生以来の経緯、そして社会学的分析をふまえ、事態を総合的に捉える迫真の論考。

目次

第1章 感染症という妖怪
第2章 COVID‐19の誕生―パンデミック以前
第3章 コロナウイルスは存在する
第4章 感染源の図像学―クラスター対策とスーパースプレッダー
第5章 感染までのディスタンス
第6章 隔離・検疫の哲学と生政治
第7章 二〇〇九年には喜劇として、二〇二〇年には悲劇として
エピローグ 感染症映画をみる

著者等紹介

美馬達哉[ミマタツヤ]
1966年大阪生まれ。京都大学大学院医学研究科博士課程修了。医学博士。現在、立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。専門は医療社会学、脳科学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みゆき

9
わずか半年のあいだで「コロナ疲れ」をもたらすほどであった情報の洪水(フェイクニュースや憶測も含む)をすっきりとまとめられており、筆者の力量に圧倒される。COVID-19はいまだ収束しておらず、「アフターコロナ」とは残念ながら言えない状況であるが、疲弊せず、狼狽せず、過ごしたいものです…。感想というより、ただの祈りです。2020/10/03

パット長月

8
フーコーの「生政治」の思想に立脚しつつ、昨年夏ぐらいまでの新型コロナを巡る世界の状況を医療社会学・政治学的視点から、やや批判的に分析している。新型コロナについては、感染症としての医学的な見地のみならず、ことに日本の状況においては、社会学・社会心理学的視点からの分析が重要であると思うが、くだらん情報や本が山積するなかにあって、前者においては先日読んだ「新型コロナ7つの謎」が、後者においては本書が非常に勉強になった。いずれもその道のプロの手による素晴らしい啓蒙書!と思った。著者の他の作品も読んでみたい。2021/03/14

鵐窟庵

8
前半はコロナ混乱の記録。後半はフーコーの生政治を交えながら、病気の歴史や強制隔離と言った近代社会的意識の芽生から、現在のコロナへの偏見や差別へどう接続されていくかを論じている。そして、2009年の鳥インフルエンザと比較して、現在の相変わらず白人至上主義的な、西洋中心主義的な医学薬学に見られるで社会的立場についても暗に批判する。そうした中心主義的価値観は、清潔で安全な西洋とそうではないスケープゴートとしての他国を強制してしまう。そこから脱して、誰もが安全安心に暮らせる社会とは何かをもう少し書いて欲しかった。2020/09/01

ゆうすけ

6
松岡正剛氏がどこかでコロナ関連で一番面白いと紹介していたので手にとってみた。フーコーの生政治(バイオポリティクス)を鍵としてコロナ前後の社会を描く作品。刊行されたのは2021年7月とちょうど1度目の緊急事態宣言が終わったあたりの頃。時事的には当然その後に色々なことが世界中でおこった訳ですが著者の視点が非常に独自で勉強になった。元々は医師のようですが現在は医療社会学を専攻されているとのことで、政治や経済そして思想を含めてコロナ禍を捉えているのがとても新鮮。こういう考え方もあったのかと感動すら覚えました。2021/02/27

好きです愛の町かわさき

3
いわゆる「コロナ本」は手に取ることを避けていたのだけど、状況を俯瞰できるものが欲しいと思い読了。M.フーコーの生政治に基づき現状を精緻に纏めている印象。隔離・検疫そして新しい生活習慣という要素について今一度考えてみたくなる。パンデミックは階層秩序を前景化させる。病気は個人的な事象ではなく社会的な現象と据えられる。病気とは一つの「意味」なのだ2020/08/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16035086

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。