抵抗の同時代史―軍事化とネオリベラリズムに抗して

個数:

抵抗の同時代史―軍事化とネオリベラリズムに抗して

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年10月17日 18時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 292p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784409040911
  • NDC分類 210.76
  • Cコード C0036

内容説明

戦後日本の社会運動・市民運動は敗北の歴史であったかもしれない。しかし、そのさなかにも、強大な権力への様々な抵抗と、運動における人々の創造的つながりは確かに存在した。地球規模で亢進する軍事化とネオリベラリズムに抗うために、そして「もうひとつの社会」を構想するために、抵抗の記憶と痕跡をたどること。「国家の言うままにならぬという記憶」を分かちもつコミュニティの方へ…。著者初の同時代史論にして、注目の第二論集。

目次

“戦後”そして歴史に向き合うことの意味は何か
1 軍事化に抗する戦後経験(軍事化・抵抗・ナショナリズム―砂川闘争五〇年から考える;世界大の戦争機械に抗して―基地闘争の変容と持続 ほか)
2 「加害」と「被害」の論理(靖国問題と「戦争被害者」の思想―Not in our names!;学徒兵体験の意味するもの―『きけわだつみのこえ』を読む ほか)
3 ネオリベラリズムの同時代史(「戦後」と「戦中」の間―自己史的九〇年代論;ポピュリズムの中の「市民」)
4 憲法と反戦平和―「戦後六〇年」の再審(「普通の国」史観と戦後―自由主義史観について;「普通の国」への抵抗 ほか)
希望の同時代史のために―人々の経験と「つながり」の力へのリテラシー

著者等紹介

道場親信[ミチバチカノブ]
1967年生。早稲田大学大学院文学研究科社会学専攻博士後期課程満期退学。現在、大学非常勤講師。日本社会科学史/社会運動論専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「国家の言うままにならぬという記憶」を分かちもつために。話題になった『占領と平和』(青土社)に続く気鋭の著者による第二論集。