スピリチュアリティといのちの未来―危機の時代における科学と宗教

個数:

スピリチュアリティといのちの未来―危機の時代における科学と宗教

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 411p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784409040850
  • NDC分類 404
  • Cコード C1010

出版社内容情報

先端生命科学の非人間化、生命倫理の問い直し、新たなスピリチュアリティの興隆等、現代がかかえる科学と宗教の問題、自然と人間の新しい関係の模索。

内容説明

「宗教」でもなく「科学的合理主義」でもなく、その対立や棲み分けを超える地点に新たなスピリチュアリティ(霊性)の可能性が目覚めている。それは人間が地球の生命を支配するのではなく、自らがおおきな「いのち」の営みの中にあるという自覚にほかならない。いのちの選別、その有限性、人体改造の是非、自然改造の限界、etc.危機の時代の科学と宗教をめぐって、哲学、倫理、宗教、医学、生物学、心理学他、諸学を横断する意欲の提言。

目次

プロローグ 二一世紀の人類社会の危機に向き合う(危機の時代における科学と宗教―生命の価値と文化の差異;目の見えない人は見え、足の不自由な人は歩く)
1 先端生命科学と人体改造(いのちの選別;エンハンスメントの是非;先端生命科学とスピリチュアリティ)
2 自然と人間の新たな関係(自然改造の限界;いのちの有限性と生命科学;宗教の危機と新たなパラダイムの可能性)
エピローグ 公共的合意を求めて

著者等紹介

島薗進[シマゾノススム]
1948年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。筑波大学哲学思想学系研究員、東京外国語大学助手・助教授を経て、東京大学文学部(大学院人文科学系研究科)宗教学・宗教史学科教授。専門は宗教学。日本政府の生命倫理委員会委員・生命倫理専門調査会専門委員(1997年~2004年)

永見勇[ナガミイサム]
1941年生まれ。米国シカゴ大学大学院博士課程修了、Ph.D。広島大学助教授、静岡大学教授、立教大学文学部キリスト教学科教授、同文学研究科比較文明学専攻・組織神学専攻教授を経て、名古屋柳城短期大学学長。専門は宗教哲学、宗教社会学、社会理論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。