サッカーの詩学と政治学

個数:

サッカーの詩学と政治学

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年07月25日 19時31分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 276p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784409040768
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C1010

出版社内容情報

カルチュラル・スタディーズによるサッカー研究。人々の具体的な経験の中で節合される美学と政治学を読み解く。

内容説明

本書は、ファン文化やチームのパフォーマンスといったサッカーの諸実践・経験を通じて「私たち」の感覚が練り上げられるプロセスに着目し、その中で両義性を孕みながら節合される美学と政治学とをスリリングに読み解いていく。

目次

サッカーの詩学と政治学
第1部 サッカーと文化的アイデンティティの節合(「このアタッキングプレーだ!」―セルティックのファンダムにみるサッカー美学とディアスポラ的想像力の節合;浦和レッズサポーター変容する実践とその楽しみ―ローカリズムとナショナリズムを超えて)
第2部 サッカーと脱植民地化(ユニオンジャックの下の黒―アイデンティティの見世物、W杯、そしてなぜサッカーを真剣に考える必要があるのか;インドサッカーの問題と展望;アフリカとヨーロッパはサッカーの対等者なのか?)
第3部 サッカーとメディア表象(W杯と日本の自画像、そして韓国という他者;迂回路をたどる―サッカー文化における“女性化された”ファンの位置と実践)
サッカーの詩学と政治学に向けて

著者等紹介

有元健[アリモトタケシ]
北九州市生まれ。ロンドン大学ゴールドスミス校社会学部博士課程在学中。カルチュラル・スタディーズ、身体文化論

小笠原博毅[オガサワラヒロキ]
ロンドン大学ゴールドスミス校社会学部博士課程修了。社会学博士。神戸大学国際文化学部助教授。社会学、カルチュラル・スタディーズ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

azure

0
2006W杯前の論文集。読みづらい部分も。今の世の中とあまり変わっていない部分(アフリカのサッカー)もあれば、すっかり風変わりした部分(浦和)もある。サッカーに関わると、否応無く必ず付随するものに関わってしまうのだ。純粋なサッカーは存在しない。2014/02/05

tuck7155

0
サッカーと自己意識の形成とか2013/02/10

マッキー

0
我々がとれだけサッカーを政治から切り離した純粋なスポーツとして扱おうと試みたところで、プレーヤー・サポーター・チームの全てが人種・階級・国家・ジェンダーにまつわるイデオロギーの表出する場であることは避けられない。純然たるサッカーなど存在せず、それは常に政治的なものと不可分に存在していると言える。2010/06/10

Ryo Nishimura

0
サッカーと政治、面白い。卒論楽しみ2019/02/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/37109
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。