明日の前に―後成説と合理性

個数:

明日の前に―後成説と合理性

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年04月23日 05時41分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 361p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784409030981
  • NDC分類 134.2
  • Cコード C3010

内容説明

カント以降の哲学を相関主義として剔抉し、哲学の“明日”へ向かったメイヤスーに対し、現代生物学の知見を参照しつつカント哲学の読み直しを試みた注目作。理性のあらゆる経験に先立つとされるアプリオリなものは、もはや役立たずの概念なのか。遺伝子の環境のかかわりを探求するエピジェネティクスを手掛かりに、カントに、そして肖学そのものに新たな力を賦活する。

目次

『純粋理性批判』のパラグラフ57
懐疑的態度におちいるカント読解
発生と後成的作用の差異
カントの「最小の前成説」
胚、種、種子
「新懐疑論」的テーゼとその進化
後成説からエピジェネティクスへ
暗号から書物へ
還元しがたきフーコー
時間、まったき問い〔ほか〕

著者等紹介

マラブー,カトリーヌ[マラブー,カトリーヌ] [Malabou,Catherine]
1959年生まれ。英キングストン大学近代ヨーロッパ哲学研究センター教授

平野徹[ヒラノトオル]
1967年生まれ。中央大学法学部政治学科卒。ストラスブール大学哲学部修士課程中退。仏語翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

現代生物学の知見を参照しつつカント哲学の読み直しを試みた注目作。超越論的なものは、新たな生を開始する



カント以降の哲学を相関主義として剔抉し、哲学の〈明日〉へ向かったメイヤスーに対し、現代生物学の知見を参照しつつカント哲学の読み直しを試みた注目作。理性のあらゆる経験に先立つとされるアプリオリなものは、もはや役立たずの概念なのか。遺伝子と環境のかかわりを探求するエピジェネティクスを手掛かりに、カントに、そして哲学そのものに新たな力を賦活する。



「形而上学の脱構築よりも、そして認知論よりも根源的であろうとする思弁的実在論を、どう位置づけるべきなのか。一連の大転換のなかでカント哲学は、そして哲学それ自体は、どうなるのか。哲学の近年の情景を俯瞰しながら、こうした問いへの答えをつくりあげることは、私には重要だと思われた。この情景を彩ることになる主たるカント読解は、時間、思考と脳の関係、世界の偶然性という三つの問いにかかわっている。」(本書より)

はじめに

序論

第一章 『純粋理性批判』のパラグラフ27

第二章 懐疑的態度におちいるカント読解

第三章 発生と後成的作用の差異

第四章 カントの「最小の前成説」

第五章 胚、種、種子

第六章 「新懐疑論」的テーゼとその進化

第七章 後成説からエピジェネティクスへ

第八章 暗号(コード)から書物へ

第九章 還元しがたきフーコー

第十章 時間、まったき問い

第十一章 〈一致〉はない

第十二章 袋小路のなかで

第十三章 合理性の後成的パラダイムに向けて

第十四章 超越論的なものを放棄することはできるのか

結論

訳者あとがき
参考文献
人名索引

カトリーヌ マラブー[カトリーヌ マラブー]
著・文・その他

平野 徹[ヒラノ トオル]
翻訳

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件