ポストフォーディズムの資本主義―社会科学と「ヒューマン・ネイチャー」

個数:

ポストフォーディズムの資本主義―社会科学と「ヒューマン・ネイチャー」

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年08月20日 12時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 238,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784409030752
  • NDC分類 311.1
  • Cコード C3010

内容説明

人間的能力のすべてを労働へと動員し、その生物としての存在を剥き出しにするポストフォーディズム。フーコーとチョムスキーの討論を手がかりに、根底から変化する社会と人間の関係から現代資本主義の本質を分析する、『マルチチュードの文法』に続く講義形式の入門書。本書刊行後に書かれた論文2本を付す。

目次


第1章 「人間的自然」をめぐるチョムスキーとフーコーの討論
第2章 本能の貧困な動物
第3章 現代の資本主義:差異と反復
第4章 宗教と生物学的不変項
第5章 結論:社会科学の自然化のために
鏡ニューロン、言語的否定、相互認知
いわゆる「悪」と国家批判

著者等紹介

ヴィルノ,パオロ[ヴィルノ,パオロ][Virno,Paolo]
1952年、ナポリ生まれ。ネグリらのもとで70年代に参加した反体制的革命運動により、1979年から3年間投獄される。シナリオライター、ジャーナリスト(日刊紙「il manifesto」)、出版社の編集者などを経て、現在はカラブリア大学文学部哲学科助教授

柱本元彦[ハシラモトモトヒコ]
1961年生まれ。京都大学大学院博士後期課程修了。ナポリ東洋大学講師などを経て、現在は大学非常勤講師、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

フーコ-とチョムスキーへの討論を手がかりに根底から変化する社会と人間の関係から現代資本主義の本質を分析する。