• ポイントキャンペーン

中味のない人間

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784409030691
  • NDC分類 701.1
  • Cコード C3010

内容説明

ベンヤミンゆずりの政治と芸術の内在的連関、古代や中世から近・現代までの自由な時間の往還、ここには、哲学、美学、詩学、言語学から、神学、政治学、法学、さらには医学史や生物学にまで及ぶ思想家の仕事のすべてがある。アガンベン28歳、恐るべき処女作。

目次

第1章 このうえなく無気味なもの
第2章 フレンホーフェルとその分身
第3章 趣味人と分裂した弁証法
第4章 驚異の部屋
第5章 「詩についての判断は詩よりも価値がある」
第6章 自己を無にする無
第7章 剥奪は顔貌のごとく
第8章 ポイエーシスとプラクシス
第9章 芸術作品の根源的構造
第10章 メランコリーの天使

著者等紹介

アガンベン,ジョルジョ[アガンベン,ジョルジョ][Agamben,Giorgio]
1942年生。パリ国際哲学学院などを経て、現在ヴェローナ大学教授。哲学・美学

岡田温司[オカダアツシ]
1954年生。京都大学総合人間学部教授。西洋美術史

岡部宗吉[オカベソウキチ]
1976年生。京都大学大学院博士課程在籍。音楽史

多賀健太郎[タガケンタロウ]
1974年生。大阪大学大学院博士課程在籍。哲学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。