「答えのないゲーム」を楽しむ思考技術

個数:
電子版価格
¥1,760
  • 電書あり

「答えのないゲーム」を楽しむ思考技術

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年05月27日 16時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 311p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408650005
  • NDC分類 141.5
  • Cコード C0030

出版社内容情報

――答え=正解のない課題にどう立ち向かうか?ーー

★3000人以上に「考え方」を教えてきた元戦略コンサルの著者が記す思考の秘訣! 
★この1冊で「考えること」が楽しくなる!
★ベストセラー『変える技術、考える技術』『フェルミ推定の技術』の著者、待望の4冊目!

(本書の内容)
第1章「答えのないゲーム」の戦い方をしませんか?
▼「答えのないゲーム」にはこの3ルール
①「プロセスがセクシー」=セクシーなプロセスから出てきた答えはセクシー。
②「2つ以上の選択肢を作り、選ぶ」=選択肢の比較感で、“より良い”ものを選ぶ。
③「炎上、議論が付き物」=議論することが大前提。時には炎上しないと終われない。

第2章 「示唆」
▼ファクトから示唆=メッセージを抽出するためのキーワード
①「見たままですが」
②「何が言えるっけ?」
③「それは何人中何人?」

第3章 「B◯条件」
▼炎上を回避し、議論を健やかにする思考技術
①A(自分の意見)とB(相手の意見)を真っ向から対立させて議論してしまうと、「答えのない」ゲームにおいては、「水掛け論」になってしまう。
②だからB(相手の意見)を直接否定してはいけない。相手の意見を直接否定した瞬間に水掛け論に突入する。
③だからB(相手の意見)が○となる(成立する)「条件(b)」を提示して、その「条件」を否定(a)する。

第4章 「ゲーム&ゲーム」
▼思考プロセス、問題解決プロセスを体得する
①論点を立てる。
②ファクトから示唆を抽出する。
③仮説をつくる。
④仮説を検証する。

第5章 「5つのゲーム感覚」
▼「答えのないゲーム」とその先へ
①答えのないゲームVS答えのあるゲーム
②ボジョレー思考VSロマネコンティ思考
③理解ドリブンVS暗記ドリブン
④100分の70VS100分の3
⑤アーティストモードVSクリエイターモード

内容説明

本書は「答えのない」ビジネスの現場、ひいては人生において、その時その場で、できる限り後悔のない選択ができるように「考える技術」を解説したものです。

目次

第1章 「答えのないゲーム」の戦い方をしませんか?―「答えのないゲーム」の戦い方・3ルール(「答えのないゲーム」とは何か?―「答えのあるゲーム」の戦い方をしていませんか?;「答えのないゲーム」の戦い方―「答えがない」のだから、こうするしかない。 ほか)
第2章 示唆―ファクトから「示唆=メッセージ」を抽出する思考技術(「示唆」とは何者か?―ファクトを言うポンコツ、脱ポンコツ;「示唆」を身につけるための2つの口癖―口癖が一番、行動が変わる ほか)
第3章 BO条件―炎上を回避し、議論を健やかにする思考技術(「算数」の解説の上手い下手―「正解」を投げつけるポンコツ;「公務員VSミュージシャン」―BO条件に慣れる時間「駆け落ちを回避する方法」 ほか)
第4章 ゲーム&ゲーム―思考プロセス、問題解決プロセスを体得する(ゲーム&ゲームとは何か?―あなたには解けるか?;ゲーム&ゲームの解説1―ステップ1:論点を立てる ほか)
第5章 5つのゲーム感覚―「答えのないゲーム」とその先へ(ボジョレー思考VSロマネコンティ思考―エリートの罠;理解ドリブンVS暗記ドリブン―エリートの限界 ほか)

著者等紹介

高松智史[タカマツサトシ]
一橋大学商学部卒。NTTデータ、BCG(ボストン・コンサルティング・グループ)を経て「考えるエンジン講座」を提供するKANATA設立。本講座は法人でも人気を博しており、これまでアクセンチュア、ミスミ等での研修実績がある。BCGでは、主に「中期経営計画」「新規事業立案」「組織・文化変革」などのコンサルティング業務に従事。YouTube「考えるエンジンちゃんねる」の運営者でもある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

江口 浩平@教育委員会

14
【ビジネス】コンサル本が良かったので、オーディブルにて聴了。コンサル本にもさらっと登場していた「答えのないゲーム」を楽しむための技術に特化して書かれていたので、繋がりが見えてよかった。100人中3人くらいに刺さる示唆を出せるように、日頃からファクト→示唆を抽出する癖をつけたい。2023/05/01

だてこ

11
「答えのないゲーム」の戦い方①プロセスがセクシー②二つ以上の選択肢を作り、選ぶ③炎上、議論が付き物 ビジネスにおいて、答えのないゲームは数多く存在する。その時に、この三つの原則を忘れないようにしたい。“とりあえず作業”は炎上の始まり!2023/06/25

中丸

9
☆3.8 『もし「〇〇という条件で✕✕」なら賛成。だけど、そうじゃなければ反対かな。それで実際どうなの?』議論や相談を振られたとき、この方式で考える。2024/04/20

こうせいパパ

8
良書。読みやすくサラサラっと読めた。「答えのないゲームの戦い方3ルール」「見たままですが」は使える。示唆についての考え方も大変参考になった。そしてB○条件に至っては目から鱗的な感覚だった。これからのキャリアにおける健やかな議論に活用したい。定期的に読み返したい一冊であり、自分の頭で考えるのが楽しくなりそうだ。なお自分は「40kmマン!」であり、誕生日ランキングでは最初に自分の誕生日を見た…。2023/02/06

しにゃ

7
仕事でぶつかる問題のほとんどが「答えのないゲーム」。かつては問題に対する取り組み方で(自分の捉え方としては)理不尽に怒られ無駄骨と感じ、最近は「仮説を持ってとりあえずやってみて検証しよう」となり進めていたが、その「仮説」を立てるにあたっての思考技術について学べた。ファクトから示唆を抽出、B○条件、ゲーム&ゲームなどなど、今までもふわっとはやってた事を理論立てて解説してくれており理解が深まった。暗記は全然できてないから改めて課題だなとおもいました。2023/10/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19613430
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。