残酷と怪異―血塗られた真実の世界史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 222p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408611914
  • NDC分類 209
  • Cコード C0022

内容説明

アステカ文明に捧げられた100万人の心臓。童話『ヘンゼルとグレーテル』恐怖の真相…。歴史系検索エンジン、歴史リンクでアクセスランキング第一位。日本の教科書では絶対書けない、封印された世界史。

目次

残酷の扉(100万人の心臓が捧げられたアステカ文明;翼のある蛇と生贅の伝説マヤの聖なる泉;大人に捨てられたヘンゼルとグレーテルの怨霊;血塗られた伯爵夫人・女吸血鬼エリザベート・バートリの呪われた生涯 ほか)
怪異の扉(古代オリエント最大の謎バベルの塔と空中庭園;ギリシア神話に隠された迷宮とミノタウロス伝説;400年間眠り続けた空中都市マチュピチュの謎と真実;知らされなかった真相トロイの木馬伝説 ほか)

著者紹介

後藤樹史[ゴトウタツシ]
作家、イラストレーター。兵庫県明石市生まれ。1980年立教大学経済学部卒業。世界史ミステリーにあこがれてこの世界に入る。イラストレーターとしては国際SFアート大賞でシルバー賞を受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)