Joy novels
京都除夜の鐘殺人事件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 242p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408606774
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

京都に住む恋人の平瀬玻奈子から、宮之原警部に手紙が届いた。一緒に除夜の鐘を撞いてほしいという。大晦日当日、京都へ向かうと、前夜に梵鐘は何者かに盗まれていた。その騒ぎのさなか、寺の住職が刺殺死体となって発見される。祇園の花形芸妓・染弥をめぐる高級料亭の経営者、天才画家など男たちの欲望と、鐘に隠された忌まわしい過去とが交錯し、さらに起こる無惨な殺人。情緒溢れる年末年始の古都を舞台にして、深まる謎に宮之原警部の推理が冴える。

著者等紹介

木谷恭介[コタニキョウスケ]
1927年、大阪生まれ。私立甲陽学園卒。浅草の劇団「新風俗」、「三木トリロー文芸部」などを経て、ルポライターとして活躍。1977年頃より風俗営業の女性を題材とした小説で一躍注目を浴び、その後『赤い霧の殺人行』で旅情ミステリーの分野に進出(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。