Joy novels
美幌峠殺人事件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 239p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408606422
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

北海道JR石北本線に鉄道ファン待望のSL、D51が走ったその日。伝説の常紋トンネル付近でカメラを構えていたマニアが、白い着物をまとった死体を発見。被害者は美幌町で酪農を営む男で、前の日の夜、北見市のバーへ出かけていたことがすぐに判明。そのバーのママ、浅岡亜紀が容疑者として浮上する。なんと彼女は十数年前の殺人事件でも起訴されていた。現在と過去の陰惨な犯行が複雑に絡み合う事件に、宮之原警部が敢然と立ち向かう。

著者等紹介

木谷恭介[コタニキョウスケ]
1927年、大阪生まれ。私立甲陽学園卒。浅草の劇団「新風俗」、「三木トリロー文芸部」などを経て、ルポライターとして活躍。1977年頃より風俗営業の女性を題材とした小説で一躍注目を浴び、その後『赤い霧の殺人行』で旅情ミステリーの分野に進出。近年は宮之原警部が活躍するシリーズが人気を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。