Joy novels
最上峡殺人事件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 236p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408605111
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

朝霧が晴れた最上川の川岸で、若い女性の他殺死体が発見された。釣り糸のようなもので絞殺されていたのだ。被害者は地元の素封家の娘だった。捜査陣が目をつけた男は、しかしその時には上高地にいたという。上高地と最上峡を結ぶ強固なアリバイをいかにして崩すか。名探偵浦上伸介の出番だ。

著者等紹介

津村秀介[ツムラシュウスケ]
昭和8年12月7日、横浜生まれ。編集者・ルポライターなどを経て、昭和57年『影の複合』を栄光出版社より刊行し、作家活動に入る。アリバイ・ミステリーの第一人者として多くのファンを持ち、テレビドラマ化された作品も多い。平成12年9月、永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

もかすけ

0
時刻表マニア向け?2016/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1587908

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。