• ポイントキャンペーン

Joy novels
飛鳥十字殺人事件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 267p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784408603360
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0293

内容説明

歴史学者である妻伸子の助言のもと、大胆な推理を展開する大和田の小説は、発刊すると、たちまち評判となった。しかし、伸子の勤める大学を牛耳る先輩教授は、妬みから大和田を中傷し、伸子を学内から、追放しようとする。数日後、「インターラーケン城」と名付けられた広大な別荘の中で、その教授は惨殺されていた。「聖徳太子の謎」に端を発する殺人事件は意外な展開を見せ、第2、第3の悲劇がそこに幕を開けようとしていた。

著者等紹介

斎藤栄[サイトウサカエ]
『殺人の棋譜』で江戸川乱歩賞を受賞して作家デビュー。以後400冊を越す著書を持つ。「タロット日美子シリーズ」「二階堂警視シリーズ」など、人気シリーズを多数持ち、多くの読者を獲得している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヨコケイ

0
歴史学者が殺され、現場状況から怨恨が疑われる。被害者に聖徳太子の死因にまつわる説を攻撃され、大学も追われた助教と作家の夫婦が浮かぶが、アリバイがある…とここまでが前半で、後半は雪の密室がメインに。歴史の謎、メタ趣向、暗号解読etcと要素は盛り沢山。個々のネタがユルいのは折り込み済としても、もうちょっと"演出"があってもよいかと。今更恥ずかしかったのかもしれないが、〈改め〉も〈不可能趣味〉も〈サスペンス〉も薄めとなると、読ませる力そのものが弱くなりかねない。2017/05/21

閑人楽之

0
2部構成となっている。天の部だけで1つのミステリーとなている。地の部は、天の部のストーリーの中に、天の部が、事件を解決するカギとなっている。 面白い構成の作品である。2020/11/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1215237

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。