安保徹の長寿革命―がん、認知症、寝たきりにならないシンプルな生活術

個数:

安保徹の長寿革命―がん、認知症、寝たきりにならないシンプルな生活術

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年05月24日 17時56分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 173p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408594378
  • NDC分類 498.38

内容説明

体は間違わない。間違いは生き方のなかにある。医者や薬に頼らずとも人は生を全うできる。38億年の生命史が教える健康の秘訣とは!?

目次

1 生命の仕組みから健康を理解する(38億年の生命史が教える健康の秘訣;がんが怖くなくなる話;自律神経は自然界とつながっている;妊娠・出産からみえる生命と免疫の巧妙な仕組み;血流と体温が生命を守る仕組み;健康なまま長生きするために知っておきたい生命の摂理)
2 すぐできる!健康寿命を延ばす生活術(睡眠;食事;入浴;運動;長寿力を高める生き方)

著者紹介

安保徹[アボトオル]
1947年青森県生まれ。新潟大学名誉教授・医学博士。専門は免疫学。1972年東北大学医学部卒業。1980年「ヒトNK細胞抗原CD57に関するモノクローナル抗体」を作成し「Leu7」と命名。1989年「胸腺外分化T細胞」発見、1996年「白血球の自律神経支配のメカニズム」解明など、世界レベルの研究成果を次々と発表。2013年3月新潟大学大学院医歯学総合研究科教授を退職。退職後も、研究、講演活動など多忙な日々を送っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)