ももクロ論―水着と棘のコントラディクション

個数:
  • ポイントキャンペーン

ももクロ論―水着と棘のコントラディクション

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月07日 19時40分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 303p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408593999
  • NDC分類 767.8

内容説明

ももクロ、AKB48、あまちゃん―。震災の後、なぜ社会はアイドルを求めたのか?

目次

第1部 ももクロはAKB48を超えるか?―アイドル消費における鎮魂とカーニヴァル(“紅白の向こう側”のアイドル革命『5TH DIMENSION』の衝撃;3・11と鎮魂としての芸能;Z革命と“妹の力”;消費文化の幻想と“ももクロ”;不可能性の時代の“ももクロ” ほか)
第2部 まばゆい笑いの発作―アイドルとロックのためのパフォーマンス論(大衆音楽批評と、語り得ないもの;アウトサイドのアイドル;楽譜に載らない音への欲望;クラウドソーシング時代のエンターテインメント;発声と即興、ダイアローグとポリフォニー ほか)

著者紹介

清家竜介[セイケリュウスケ]
1970年生まれ。専門は社会哲学・社会学。現在、早稲田大学助教。メディア論とコミュニケーション論を基礎に、コミュニティと人々の主体性の変容について考察している。論文「ジンメルと近代的自由」(『経済社会学会年報』第25号)で第一回高田保馬賞奨励賞受賞

桐原永叔[キリハラエイシュク]
1970年生まれ。編集者/ライター。『IT批評』編集長。シナリオライター、出版社勤務を経て、現在、眞人堂株式会社代表。これまで多数の書籍の編集を手がける。ビジネス書籍の企画制作のほか、企業の広報活動コンサルティング、各種ビジネスセミナー企画・運営などを行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)