気になるシリーズ<br> よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ

個数:

気になるシリーズ
よくわかる薬の危ない飲み方、飲み合わせ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年02月25日 14時06分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 207p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784408593913
  • NDC分類 491.5

内容説明

ステーキと胃薬は相性が悪い。糖尿病の薬と酒は、悪酔いのもと。水なしで薬を飲むと、胃潰瘍になる。99%の人が、危険で効かない飲み方をしている。

目次

1 食事や飲みもので、薬の効きめが変わる
2 肉や魚、野菜。食卓に危険がひそむ
3 ジュースや牛乳、酒で飲むと危険
4 サプリメントやトクホで、薬が効かなくなる
5 病院薬と市販薬の組み合わせ、これだけは避けたい
6 正しい選びかた、使いかたで、リスクから身を守る

著者紹介

加藤哲太[カトウテツタ]
東京薬科大学薬学部教授、薬学教育推進センター長。薬学博士。1946年、岐阜県生まれ。1970年、岐阜薬科大学卒業後、国立公衆衛生院(現・国立保健医療科学院)にて博士課程修了。1993年より、東京薬科大学助教授。2005年より現職。セルフメディケーション推進協議会理事、くすりの適正使用協議会委員、日本薬剤師会・医薬品適正使用啓発推進事業検討会委員などを兼務。専門は、衛生化学、薬学教育、青少年薬教育など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)