• ポイントキャンペーン

荷風と歩く東京いまむかし―文人が住んだ町、歩いた街、愛したまち

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784408593623
  • NDC分類 910.268

内容説明

生誕の地から〓(ぼく)東の水路、迷路のような色街、そして終の棲家まで…。代表作を紹介しつつ、永井荷風の愛した町の過去と現在を自在に案内する。

目次

向島の風雅
本所 江戸の新開地
亀戸の旧跡
深川 水辺の街
浅草 祭りと歓楽の街
日本橋・銀座界隈
山の手の台地から
終の棲家の市川

著者紹介

前之園明良[マエノソノアキヨシ]
1934年生まれ。早稲田大学文学部史学科卒業。1959年から94年まで出版社に勤務。「酩酊船」「沼南読書会」同人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)