• ポイントキャンペーン

実朝を殺した男―『吾妻鏡』殺人事件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 379p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784408592282
  • NDC分類 913.6

内容説明

「吾妻鏡」の欠落部分が発見され、鎌倉大学の加瀬教授のもとに持ち込まれた。本物なら、頼朝の死の真相が書かれているはずの部分で、歴史的大発見となる。さっそく取材に出かけた雑誌記者の酒見だが、肝心の「吾妻鏡」は何者かに盗まれていた。酒見は、大学助手の財前祐子とともに、源氏三代の死の真相を調べ始めるが、その矢先、加瀬教授が実朝と同じように鶴岡八幡宮の大銀杏のそばで殺された―!ミステリー界期待の俊英が放つ、注目の問題作。

著者紹介

楠木誠一郎[クスノキセイイチロウ]
1960年、福岡県生まれ。1982年日本大学法学部卒業後、出版社に勤務。歴史雑誌編集者のかたわら、1996年『十二階の柩』(講談社)で小説デビュー。1999年から専業作家に。『名探偵夏目漱石の事件簿』(広済堂出版)で第8回日本文芸家クラブ大賞受賞