実業之日本社文庫<br> 終極 潜入捜査 (新装版)

個数:
電子版価格 ¥792
  • 電書あり

実業之日本社文庫
終極 潜入捜査 (新装版)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月03日 15時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408557038
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

企業要人を付け狙うテロネットワークを壊滅せよ!
「潜入捜査」シリーズ、堂々完結!

廃棄物の不法投棄で摘発された解体業者・保津間興産は、毛利谷一家の企業舎弟。
一方、融資で毛利谷一家と揉めていた銀行の支店長が射殺された。
事件の背後には、暴力団によるテロ・ネットワークの存在があり、その中心が保津間興産だった。
そこへ潜入した元マル暴刑事・佐伯涼の身元が割れ、報復の罠が仕掛けられる……。
緊迫のシリーズ最終弾!

巻末著者インタビュー/関口苑生

内容説明

廃棄物の不法投棄で摘発された解体業者・保津間興産は、毛利谷一家の企業舎弟。一方、融資で毛利谷一家と揉めていた銀行の支店長が射殺された。事件の背後には、暴力団によるテロ・ネットワークの存在があり、その中心が保津間興産だった。そこへ潜入した元マル暴刑事・佐伯涼の身元が割れ、報復の罠が仕掛けられる…。緊迫のシリーズ最終弾!

著者等紹介

今野敏[コンノビン]
1955年北海道生まれ。上智大学在学中の78年にデビュー。警察小説の人気シリーズを数多く手がける。99年より空手道今野塾を主宰、臨場感溢れる武道小説にも定評がある。2006年『隠蔽捜査』で吉川英治文学新人賞、08年『果断 隠蔽捜査2』で山本周五郎賞、日本推理作家協会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

オオイ

6
シリーズらしいがすべてこんな感じで軽いのかな。2022/03/31

Shigeo Torii

2
一気に完読。絵の無い劇画。最後は、予想できたかな?!2022/01/29

Akio Aratani

2
佐伯涼の続編が読みたい2021/12/12

QP

1
潜入捜査シリーズの完結編だそうです。産廃の不法投棄が暴力団の資金源にという筋立てから物語が始まる。事件解決後の展開は出来過ぎと感じたがまぁ勧善懲悪ものだからこれもありかな・・・2022/03/11

ふたえ

1
新装版でないものを読みました。暴力シーンが余り無くて良かった!そして、佐伯元に戻れて良かった!面白かった♪シリーズこれで終わりか(涙)2022/02/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18729354

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。