実業之日本社文庫<br> 桃太郎姫暴れ大奥

個数:
電子版価格 ¥673
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

実業之日本社文庫
桃太郎姫暴れ大奥

  • ウェブストアに373冊在庫がございます。(2019年12月11日 18時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 297p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408555515
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

讃岐綾歌藩の若君・桃太郎、実は男として育てられた姫君である。町娘・桃香に変装し、深川で知人の婚礼に参列中、花婿が火付盗賊改方に捕縛された。厳しい拷問を受けているという。親しい岡っ引きと家臣の調べによると、将軍暗殺を企てる不穏な動きと関わりがあるらしい。陰謀を未然に防ぐべく、桃太郎君は“部屋子”の姿で単身大奥へ潜入するが…。

著者等紹介

井川香四郎[イカワコウシロウ]
1957年、愛媛県生まれ。テレビドラマの脚本家として活躍するかたわら、柴山隆司のペンネームで書いた「露の五郎兵衛」で小説CLUB新人賞受賞。2016年『刀剣目利き神楽坂咲花堂』『もんなか紋三捕物帳』で第5回歴史時代作家クラブ賞・シリーズ賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

綾歌藩の若君・桃太郎は実は女。悪事の裏を探るべく、町娘に扮して大奥に潜入するなど体を張って、江戸の悪を退治する!